話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

きんいろあらし自信を持っておすすめしたい みんなの声

きんいろあらし 作・絵:カズコ・G・ストーン
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:1998年10月
ISBN:9784834015751
評価スコア 4.55
評価ランキング 6,033
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 温かく素敵なお話

    やなぎむらに金色嵐がやってきました。
    そして、金色嵐が来た結果、ちょっとした事件が起こります。

    やなぎむらのお話らしい、温かく素敵なお話でした。

    子どもと「金色嵐って何だろうね」と話しながら、読ませていただきました。

    投稿日:2021/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • きんいろあらし  タイトルに惹かれました
    なんと やなぎの葉が黄色に色づき 秋から冬に向かうほのぼのしたお話でした
    あかとんぼのあかねさんが  きんいろあらしがやってくるよと知らせてくれました
    虫たちが それぞれ隠れるところを探します
    ありの セッセかぞくは 土の穴の中  かたつむりも バッタのトビハネさんも  クモのセカセカさんも  みんなかくれましたが・・・・びゅー びゅー 吹く風にみんな大あわて    
    あれ? セカセカさんがいない  池の中に流されてしまったのです

    このピンチを助けてくれたのが いけのばんにん カメキチじいさん
    あ〜良かったね!

    みんな助かって やなぎの黄色い葉で 家を造りました
    ほのぼのとしたお話でした

    寒い冬がやってきます みんなだいじょうぶかな〜?(みんな 生きている 助け合ってね)

    他のやなぎむらのシリーズも読んでみたいで〜す

    投稿日:2017/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋に読みたい絵本!

    カズコGストーンさんのこのシリーズ,我が家の幼稚園児の娘は就園前から大好きでよく読み聞かせています。
    女の子ですが,虫が好きなのもありますが(笑)。
    色鉛筆で描かれた自然の中の虫達の世界が細かく,親の私が見ても見応えがあります!
    お話もほのぼの温かくてよいですね。
    今回のこちらのお話は,秋にぴったりです!

    投稿日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おうちにある?

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子1歳

    虫が大好きな息子は、もちろんやなぎむらシリーズも大好き!
    グロテスクな虫ではないから、苦手なお母さんも楽しめるのでは?
    数々のやなぎむらシリーズの絵本を読んできましたが、
    長男が、図書館に返してしまったあと
    「きんいろあらしはおうちの絵本じゃないの?」と
    言ったのはこの本だけです。
    同じやなぎむらの絵本でも、おうちに買った本、図書館で借りた本、
    保育所でも借りたり・・・いろいろなので、おうちにあると思っていてガッカリしたみたい^^;

    舞台は秋のやなぎむら。
    やなぎの葉が全部落ちてしまうくらい大きな「きんいろあらし」がやってきた翌朝、
    セカセカさんがいなくなってしまいました!
    風に飛ばされてしまったに違いない、とみんなで探すのですが・・・
    虫たちだけでなく、生き物の垣根を超えて
    助けあえる関係が素敵です。

    投稿日:2011/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「お茶の飲んでますねぇ〜」

     季節外れですが、図書館で見かけ懐かしくて借りてきました。
      
     ちいちゃな生き物たちが自然の中で懸命に生きている姿が、時にけなげで、また勇ましく描かれています。

     やなぎむらシリーズの中でも、こ作品は息子のお気に入りでした。
     ミントティーでのお茶会のページで、ティーポットやカップを指さし、「お茶の飲んでますねぇ〜」と、ニコニコしていました。

     西の方から黒い雲が広がり、風が強くなってきたページでは、自然の猛威を感じ取った様子でした。
     このあとも、心配そうにセカセカさんの救出劇を見守っていました。
     ラストの落ち葉の家のページを飽きずに見つめていました。

     この絵本の世界に一歩足を踏み入れると、親子できっと夢中になると思います。
     どのキャラクターも可愛らしくて優しくて、“小さい命”もみんな一生懸命なんだと伝わってくる作品です。

    投稿日:2010/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じシリーズの「みずくさむらとみずべむら」を読んでから、こちらを読みました。「みずくさむらとみずべむら」では登場人物の虫たちの名前を覚えるのに必死だったので、覚悟して読み始めたのですが、今回のお話しはすんなり読めてほっとしました^^;

    このシリーズはお話しもいいですが、絵がとても素敵です。色鉛筆で一筆一筆繊細に丁寧に描かれていて。小さな虫たちの世界を覗かせてもらっているような、そんな気分になります。
    うちの娘もこういうタッチの絵が好きなようで、色々な発見をしながら真剣に見入っていました。嵐の通り過ぎていった後に、トビハネさんの帽子が無くなってるということに、真っ先に気づいたのは娘でした。子どもの観察力って大したものですね・・・。
    前回読んだお話もそうでしたが、小さな虫たちの世界でも助け合ってみんな生きているんだということが感じられるお話です。
    小さいけど、虫たちの表情も豊かで可愛らしいので、虫好きな子も虫嫌いな子も楽しめると思います。
    まだ読んでいない同じシリーズのものもあるので、是非読んでみたいです。

    投稿日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • やなぎむらの秋です

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    以前に読んで、とってもよかった「ほたるホテル」に
    シリーズがあるんだ・・!と息子と喜びました。

    おなじみ「やなぎ村」の虫たち。
    夏には青々としていた柳の木は金色に染まっています。

    すっかり秋めいたやなぎ村に台風が来て・・・
    秋の嵐は強烈で、仲間の一人が風に吹き飛ばされてしまいます。
    心配して探す虫たちがかわいいです。
    最後に風も避けられるようにと、柳の落ち葉で住処を作って・・いいアイデア!!
    お互いを心配し、力をあわせて生きている。
    とってもいいご近所さんなのですね。

    絵がとても柔らかくて、植物の描写も季節感があって好きです。
    虫さんのサイズが小さくって葉っぱの間にこそっといる感じは
    リアルな野原を思い出させます。
    だから、よーく絵を見て、のんびーり読まないと
    この絵本の良さは沁みてこない気がします。

    今回はのんびり喋る亀さんに、赤い彼岸花がとくに気に入りました。
    まだ読んでいない2冊も楽しみです。

    投稿日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫好き親子

    我が家は、母、私、娘と3代続く虫愛ずる姫君(?)の家系ですから、
    やなぎむらのシリーズはまさにツボにはまりました。

    登場する虫たちの特徴をよくとらえたキャラクター設定には、毎回感心します。カメのカメキチ爺さんなんて、そののんびりした口調や私が昔飼っていたカメと同じ名前にとても親近感を覚えています。

    外でクモやカタツムリを見つけるたびに、「セカセカさんがいる!」「キララさんだ!」と盛り上がっています。

    季節に沿ったストーリー、正確な植物の描写など楽しみどころ満載の絵本ですので、秋に読むことをお勧めします。

    投稿日:2009/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • やなぎむらの秋

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    風が涼しくなり、柳の葉も黄色くなり、季節は秋。
    ちょうちょのモナックさんと、モナックおくさんは、暖かい所に旅だっていきました。
    そして、次の日、赤とんぼのアカネさんが、きんいろあらしがやってくることを知らせにきました。

    むしたちが、秋の嵐からどんな風にして身を守るのかを教えてくれます。みんな、仲良く助け合って生きていく様子が伝わってきます。大きな自然の中で、小さな虫たちの存在に気づくことができます。
    色鉛筆で描かれた繊細な世界は、季節を充分に感じることができるでしょう。

    投稿日:2009/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな生きてる!

    「やなぎむら」シリーズは、「ほたるホテル」に続いて2冊目です。表紙の絵を見て、「ええ?、これ・・・」と言った娘。「ばったのトビハネさん、かたつむりのキララさん、くものセカセカさん・・・」の名前を聞いて、「やっぱり、そう!」と、大喜びしていました。娘は、虫がだ〜いすき! 私は、クモが大の苦手です。でも、娘が、「セカセカさん、女の子なんだね。スカートはいてるよ。」と言うのを聞いて、なんだか急に、「みんな生きているんだな・・・」という気持ちが湧き上がってきました。こんなちいさな虫たちでも、みんな目もあり、口もあり、帽子をかぶっている子や、スカーフを巻いた子など、とっても個性的です。そんな絵を見ているだけで、やさしい気持ちになってくるようです。娘は、カメキチおじいさんが、にょっきり首をだし、手足を出していく場面と、カメキチおじいさんに助けられたセカセカさんが、おじいさんの背中の上で、アラベスクのようなポーズをしている絵が、1番気に入っています。

    投稿日:2008/08/16

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼくのかえりみち
    ぼくのかえりみち
    作・絵:ひがし ちから 出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ある日の放課後、そら君は道にかかれた白線の上をたどって家に帰ることにしました。途中…


4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット