話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おじいちゃんわすれないよ」 パパの声

おじいちゃんわすれないよ 作:ベッテ・ウェステラ
絵:ハルメン・ファン・ストラーテン
訳:野坂 悦子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年7月
ISBN:9784323070254
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,484
みんなの声 総数 17
「おじいちゃんわすれないよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 亡くなったおじいちゃんの棺のそばで、少年の頭に思い出が駆け巡ります。
    読んでいて涙があふれてきました。
    祖父が亡くなった時、初めて自分が経験した身近な死が、どうしておじいちゃんだったのか、優しい祖父、怖い祖父、頑固な祖父、心の支えだった祖父を心に駆け巡らせました。
    自分の知らなかったおじいちゃんがいます。
    掘り起こしてみれば、数知れないおじいちゃんとの思い出があります。

    でも、おじいちゃんはそこに眠りについたまま、帰ることのない場所に連れて行かれます。
    絵本中にこれほど哀愁を盛り込めるなんて。
    チョッピリ客観的になってみました。
    それから、自分も孫の心に精一杯思い出を詰め込めるじいじになりたいと思います。
    子どもがお父ちゃんになるまで、まだまだ先は長そうです。

    投稿日:2012/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣きました

    • ベセスダさん
    • 30代
    • パパ
    • その他
    • 男の子4歳、男の子1歳

    父が他界した翌日。たまたま本屋で巡り会いました。人目を憚らず、本屋の中で涙を流しました。あれから3年の月日が流れますが、子どもたちに読み聞かせすると、いまだに声に詰まります。読み終えたときに、子どもたちから「ボクのおじいちゃんも、こうだったよね」といわれるのが、嬉しくもあり、辛くもあり。。。言葉になりません。。。

    投稿日:2005/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット