新刊
家守神(3) 金色の爪と七不思議

家守神(3) 金色の爪と七不思議(フレーベル館)

拓の小学校で怪事件発生!?

  • 笑える
  • 盛り上がる
新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

かいけつゾロリ(36) かいけつゾロリたべられる!!なかなかよいと思う みんなの声

かいけつゾロリ(36) かいけつゾロリたべられる!! 作・絵:原 ゆたか
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\990
発行日:2004年12月
ISBN:9784591083659
評価スコア 4.44
評価ランキング 11,101
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • えんま大王のやつあたり!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    とんま大王に格下げになってしまったえんま大王。とんま大王って何(笑)?
    自業自得なのですが、ゾロリさんにやつあたりでイシシ・ノシシと共に食べてしまいます!
    からだのしくみがお勉強になるゾロリです。
    こどもが思いのほかしっかりと説明を読んでいました。さすがゾロリ!

    投稿日:2018/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体の中に入ってみたくなった!

    かいけつゾロリシリーズ 食べられる編です。

    えんまからとんま大王へと格下げされてしまい
    その原因がゾロリのせいだと逆恨みして
    ゾロリを飲み込んでしまう事から始まるお話です。

    口の中から胃の中へ、血管の中や肺の中など
    「体じゅうの探検はおもしろそうだなぁ、
    入ってみたいなぁ」と思いました。

    一番面白かったのは、ゾロリが出口を探して
    腸を通ってこうもんに行った時。
    「ここから外に出ると俺たちはとんまのうんちになってしまう。」
    と、険しい表情で熱く語っていたところです。
    すごく大げさな感じだけど、ゾロリらしくばかばかしくて
    とても笑えました。

    この巻がゾロリシリーズの中で、一番のお気に入りです。
    笑いたい人は、ぜひ読んでみて下さい。

    投稿日:2014/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • お勉強になる

    何とも衝撃的な題名でどんなお話かと思い開きました。

    えんま大王からとんま大王に格下げされたことをゾロリのせいとうらんでいとんま大王は、ゾロリを食べてしまいます。

    いつものドタバタが繰り広げられるのですが、大王の体の中をゾロリたちが逃げ回っているので、その間に、読者は体のしくみがわかってしまうという、お得感のある内容です。体のなかにはいろいろありますから、どこから脱出するかがゾロリたちにとっては大問題。

    絶対うんちとしては出たくないという気持ち、わかります。

    巻末には体の内部の説明があり、お話はいつものようなドタバタであっても、お勉強になるというのが、親からすると嬉しいのではないかと思いました。

    投稿日:2008/08/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かいけつゾロリ(3) かいけつゾロリのまほうつかいのでし / ななめねこ まちをゆく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
    出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


2023年まずは読みたいこの絵本・児童書16選 レビューコンテスト!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット