まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

カニツンツン」 ママの声

カニツンツン 作:金関寿夫
絵:元永 定正
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2001年10月31日
ISBN:9784834017823
評価スコア 4.34
評価ランキング 12,788
みんなの声 総数 64
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • カニじゃないのに…

    「カニ ツンツン ビイ ツンツン…」鳥の鳴き声とされることばから始まるタイトルと本文に、赤くて丸く平べったい生物?の絵。良くみると蟹とは全く違う形なのに、それが「カニ」に見えてしまうという人間の認知の不思議。

    どのページもリズミカルなことばの羅列で、声に出して読むのが楽しい絵本です。
    具体的に意味のあることばに、あまり意味のなさそうなことばを取り混ぜて、絶妙なリズムを作っているのです。
    ことばに添えられた絵も、ぴったりです。それも、どうしてぴったりなのかと尋ねられても、上手く言語化できないレベルで。

    とにかく、ことばと具体的なもののイメージの結びつきがまだ少ない赤ちゃんから、幼児、大人まで、それぞれの認知の度合いに合わせて楽しめる絵本だと思います。
    あの表紙の形が蟹に見えてしまうのは、おそらく実物の「蟹」とことばとしての「蟹」の両方を知っている幼児期以降でしょう。
    その移行期の前後にわたって読み続けている読者が身近にいないので、そのことを確かめられないのが残念ですが…

    我が家では年齢問わず人気の絵本ですが、おそらく最初に読んだと思われる年齢「2歳」を選択しておきます。

    投稿日:2020/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理解不能でした・・・

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    頑張って読み上げたりしましたが、
    やっぱり良さがわかりませんでした。
    カニツンツン・・・
    その後はよくわからない言葉がつらつらと続きます。
    展開されるのは図形みたいな絵で余計に惑います。

    ことばの響きを組み合わせて作った文章で
    由来メモみたいなのが
    最後にあります。
    これが一番読んでいる感じがありました。

    投稿日:2015/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ツンツン」の形が決まっていて…

    3歳4ヶ月の息子に買いました。
    今のところ、2014年のこどものともセレクションの中で、
    息子が一番くいついたもの。

    「もこ もこもこ」にとても似ている。
    それが大好きな息子にはやはりツボだったようです。

    これも、わけのわからない音と絵を楽しむもの。
    これが面白かったのは、「ツンツン」という音の形が決まっているところ。
    息子はこの形をみつけては「ツンツン!」「ツンツン!」と
    喜んで読んでおりました。

    まあ、こういう絵本の楽しさもいいですね。

    投稿日:2014/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音の響きを楽しむ

    カニツンツン
    図書館で絵本の表紙とタイトルを見て、これはいい!と直感で思いました。
    子供に読み聞かせてみると、ただの言葉の羅列ではない引き込まれるような感覚と、短いカタカナ言葉なのに予想外に読み応えがありました。
    大人の私は聞き慣れない言葉を何とか理解しようとムダな力が入っていたようで、傍らで聞いていた子供は言葉の意味なんて関係無い、という感じで単純に楽しんでいました。気に入ったフレーズがあったようで、自分でたどたどしく、でも楽しそうに読んでいる姿を見ました。
    後ろの解説を読んで鳥の声だと分かった時は、人の感性は素敵だなと思いました。

    投稿日:2013/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかくいろんな音がでてきて楽しいです

    11ヶ月の娘に読んでやりました。訳のわからない音が並んでいるだけの絵本です。訳がわからないと大人は思いますが、深く考えずにとにかくいろんな抑揚やリズムや音程で読んであげてください。お子さんはきっと楽しそうな顔をしますよ。作者の作った言葉から、英語などの外国語も混じっていて、韻を踏んでいるのでなんとなくリズムが作られるんです。まだ言葉を理解できない、音を楽しめる月齢の方が楽しめると思います。もう11ヶ月くらいになると、日本語の言葉というものをおおまかで把握していると思うので、ただの音の連続にはある程度の興味を示しますが、前ほどではありませんでした。半年前くらいのほうがこの手の絵本を楽しく聞いていた気がします。今は、ちょっとこちょこちょするとか、なにか演出をつけないと興味がそそられないのかな?でも、音を繰り返すだけでなんだかわくわくしてきますよ。お子さんと一緒に楽しみましょう。

    投稿日:2012/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意味不明だけど語感は良い

    いろんな国のいろんな意味の言葉を組み合わせた言葉に、絵をあわせています。しょうじき言って意味がぜんぜん分からない!なので、買おうかとは思わないけれど、語感はなんとなくノリがよくて面白そうに思われます。でも娘の反応はいまいちでした。

    投稿日:2012/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞの言葉

    謎の言葉と絵の連続です。
    言葉の響きやリズムを楽しむのかなと思いました。
    子供は、主役(?)のカニのような赤いものに注目して、「あ、あった」なんて言いながら、指でさしていました。

    解説を読んだところ、世界の言葉を混ぜながら、この本を作ったそうです。
    大人は「この言葉は、どこの国かな?」なんて、考えながら読むことも面白そうです。

    投稿日:2011/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 擬音語・擬態語のみの絵本

    「もこ もこもこ」という絵本が大好きなので
    同じように これも喜ぶかなと読んでみたのですが

    絵と擬音語があまりあっていないような感じで
    息子の心はあまりつかめませんでした

    投稿日:2011/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意味不明だからこそ

    いただきものなのですが、
    一度読んだときは「・・・?」でした。
    でも、イントネーションを変えて読んでみたり、
    全ページに出てくる「ツンツン」だけを子供に読んでもらったり
    楽しむことはできます。

    自ら購入することはまずないだろうなーという感じではありますが。

    投稿日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好き嫌いが分かれるかも

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子2歳

    「もけらもけら」や「もこもこもこ」が好きな2歳の子どもが自分で選びました。

    全てカタカナで書かれているので最初はちょっぴり読みにくかったのですが、慣れてくると意味のある言葉等も登場して読むのが楽しくなってきました。

    全ページに共通して「ツンツン」という小さな赤い物体(これがカニ?)でてくるのですが、それが特に子どもの興味を引いたようです。
    無法地帯の中の唯一の法則性をもったものだからでしょうか?

    最後にちょっとした言葉の意味の種明かしがあるのも大人には良かったです。

    ちなみに夫は「意味不明で楽しくない」と言っていたので、人によって好き嫌いがある本なのかもしれません。

    投稿日:2010/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

とこちゃんはどこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット