オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
レイラさん 50代・ママ

石パロディ
『ワタナベさん』がなかなか衝撃的だった…

カニツンツンふつうだと思う ママの声

カニツンツン 作:金関寿夫
絵:元永 定正
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2001年10月31日
ISBN:9784834017823
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,569
みんなの声 総数 63
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う ママの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 理解不能でした・・・

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    頑張って読み上げたりしましたが、
    やっぱり良さがわかりませんでした。
    カニツンツン・・・
    その後はよくわからない言葉がつらつらと続きます。
    展開されるのは図形みたいな絵で余計に惑います。

    ことばの響きを組み合わせて作った文章で
    由来メモみたいなのが
    最後にあります。
    これが一番読んでいる感じがありました。

    投稿日:2015/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意味不明だけど語感は良い

    いろんな国のいろんな意味の言葉を組み合わせた言葉に、絵をあわせています。しょうじき言って意味がぜんぜん分からない!なので、買おうかとは思わないけれど、語感はなんとなくノリがよくて面白そうに思われます。でも娘の反応はいまいちでした。

    投稿日:2012/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞの言葉

    謎の言葉と絵の連続です。
    言葉の響きやリズムを楽しむのかなと思いました。
    子供は、主役(?)のカニのような赤いものに注目して、「あ、あった」なんて言いながら、指でさしていました。

    解説を読んだところ、世界の言葉を混ぜながら、この本を作ったそうです。
    大人は「この言葉は、どこの国かな?」なんて、考えながら読むことも面白そうです。

    投稿日:2011/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意味不明だからこそ

    いただきものなのですが、
    一度読んだときは「・・・?」でした。
    でも、イントネーションを変えて読んでみたり、
    全ページに出てくる「ツンツン」だけを子供に読んでもらったり
    楽しむことはできます。

    自ら購入することはまずないだろうなーという感じではありますが。

    投稿日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊び

    1歳5ヶ月の息子には、もけらもけら、の方が好きでした。
    文章が(ことば)長いかなと思います。
    もう少しじっと聞いてくれる年齢になったらいいかもしれません。
    でも、絵がおもしろくて、いつも読んでといいます。
    読んでいるこちらも楽しくなります。

    自分で読めるようになったらさらに楽しいでしょうね。

    投稿日:2010/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 苦手・・・

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    言葉はかんじゃうし、シドロモドロだし・・・。
    何回も何回も読めばスラスラ読めて楽しいのかもしれません!
    でも、1回で放棄です〜>△<
    子供たちの反応も「なんのこっちゃら?」って感じで、その後のリクエストはありませんでした。

    この手の絵本は小さい子にウケるらしいんですが、
    うちでは、あんまりこの手の絵本で笑いを取れた事がありません。

    投稿日:2007/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残念、もっと小さい頃だったら・・・

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子8歳、男の子6歳

    昨年の夏、幼稚園のフリーマーケットで購入しました。
    元々は「こどものともはハズレがないから、何冊でもいいから買っておいて!」という絵本好きの友人に買った中の一冊でしたが、既に持っているということで、我が家にやってきたのです。
    ところが、『もけらもけら』や『もこもこもこ』の段階で、既にこの系統の本はリタイアした我が家の子ども達には、さらにグレードアップしているこの本は、やはり理解不可能でした。
    読んでいる私も、途中で息切れしてしまいました。
    この本は、もっと小さい頃に出会うべき本ではないでしょうか。まだ人間界と自然界の中間の位置に存在しているくらい小さい頃に。
    多分、読む方も、子どもの反応があれば最後まで読みきることが出来るでしょう。
    小さいお子さんのいるお父さん、お母さん、この本の旬の時期を逃さないようにしてくださいね。

    投稿日:2006/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / オニたいじ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット