わたしたちのえほん わたしたちのえほん わたしたちのえほんの試し読みができます!
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

ビビビビビ」 絵本紹介サイトの声

ビビビビビ 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1994年6月
ISBN:9784032047608
評価スコア 4.32
評価ランキング 16,564
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ビ」で表現された絵本です。ビビビビくんは、ぶたさんの鼻の穴を突き抜けたり、かえるさんの目を突き抜けたり、ちょっと笑えるいたずらをしながら、飛んでいきます。
    無線機?から出てテレビに戻っていくビビビビくんは、いたずらを重ねるうちに、顔がほころんでいくのもなんだか、人間的に見えるから不思議です。いたずらをされた動物たちのびっくりした様子も笑いを誘います。
    巻頭にこの絵本について、「これは音の絵本。文字の絵本。そしてお話が見えてくる絵本。」と述べられています。よく見ると、「ビ」が時には、「ヘビ」になったり、「ピ」になったり、大きな「ビ」になったりしています。「ビ」という文字が変化する時に、この絵本にお話が生まれるようです。
    この絵本のお話を作るのは、この絵本を読む人、聞く人それぞれなんですね。
    娘は1歳の時、ビビビビくんがおりなす、いたずらの跡の線を指でなぞって楽しんでいました。

    投稿日:2003/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット