しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ふしぎな500のぼうし」 ママの声

ふしぎな500のぼうし 作・絵:ドクター・スース
訳:渡辺 茂男
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年02月
ISBN:9784033480701
評価スコア 4.8
評価ランキング 314
みんなの声 総数 14
「ふしぎな500のぼうし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろいよー

    小学校2年生の娘が図書館で借りてきました。このお話がとっても気に入った様子で、「この本おもしろいよー」と5歳の妹に読んであげていました。読むと20分くらいかかるお話ですが、まだ長いお話は途中で飽きてしまいがちな次女も、このふしぎなふしぎなストーリーに夢中になって聞き入っていました。
    「バーソロミュー」という主人公の名前がはじめは読みづらそうにしていた長女も、「バーソロミューが」「バーソロミューの」「バーソロミューには」と何度も出てくるので、次第にその名を口にするのが楽しくなっているようで、最後にはリズムよく滑らかにその名前を読んでいました。
    変に説教臭くなく、出てくる登場人物がみんな魅力的です。たくさんの挿絵がどれもこれも素晴らしく、ページをパラパラめくるだけでも楽しいので、買って手元に置いておきたいとな思いました。

    投稿日:2012/08/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろいけどちょっと怖い

    王様の命に従うべく帽子をぬぐけれど
    脱いでも脱いでも新しい帽子が主人公の少年の頭に
    のっている。誰もその訳は分からないし、際限なく
    出てくるその帽子の不思議さに親子してお話に
    グングン引き込まれていました。

    ですが、いつまで経っても王様の希望通り帽子を取ることが
    出来ない少年を、同じ年の頃の王様の甥っ子は軽々と
    「首を取ってしまえばいい」と言い首切り役人の元へ
    少年を連れていかせたり、首を切ることが出来なかったら
    「城の塔の上から突き落とそう」と進んで進言するので
    子供は怖くなってきた様子。寝る前に読んだので
    怖い夢を見るのではないかと思うほど怖がりました。

    昔話などの描写の中でよく怖いシーンがあったりしますが
    こちらの作品はそういう所も併せ持っていて昔から
    伝えられたお話の様に感じてしまいました。

    怖がりのお子さんには、寝る前に読むのはお勧めしません。

    投稿日:2012/01/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 昔話のような不思議な話

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    作者が誕生したのが1904年だそうです。(1991年没)
    最近、昔話を勉強しているんですが、この方の作品はそれと似ているところがあって、「えっ?」って、思うような奇想天外のことが普通に起きるんです。でも、「それはそういうことだから」って、すごく自然に物語が進行していきます。
    このすごく自然に、不思議なことがまかり通っている面白さが、人気の高い理由なのでしょうか。
    字の多い絵本ですが、お話が楽しいので、活字になれているお子さんなら、小学校中学年くらいから1人読みできると思います。
    もちろん、読み聞かせをするなら幼稚園くらいからでも楽しめると思います。

    とってもとっても出てくる帽子。
    何が何でも帽子をとろうとする王さまもかわいいし、首を切られるかもしれないのに、妙に落ち着いているバーソルミュー(主人公の男の子)の態度も好感が持てるし、バーソロミューと首切り役人のやり取り(この物語の見せ場ではないでしょうか?)は最高でした。

    投稿日:2009/04/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当にふしぎ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ありふれたただの1つのぼうしのはずだったのに…いったいどうなっているの?と登場人物たちも読者も思ってしまうふしぎなぼうしですねー。
    王さまの前でぼうしを取らないのは無礼です。バーソロミューもそう考えていて取ろうとしているのにかぶっている本人のバーソロミューにも分からないなんて!
    ハラハラドキドキするところもありますが、最後はハッピーエンドです。
    本当にふしぎですが面白いお話でした。

    投稿日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 500!

    子どもが幼稚園から自分で選んで借りてきた絵本です。
    表紙の絵と、500という数が気になったようでした。
    寝る前に子どもと読んだのですが、結構長いお話で、子どもが途中で目をつぶって聞いているので無理かなと思いましたが、後半がまた面白くなってきた様子で、最後まで聞いていました。
    500回も帽子が・・・となると、あきてきそうですが、このお話は最後までどうなるのかといわくわくできて面白い本だと思いました。また、子どもが読みたいというのを楽しみにしています。

    投稿日:2013/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでたっても脱げない帽子

    寝る前に読むには長いお話なので2日くらいに分けて娘と読みました。
    王さまに帽子をとれ!と言われて
    とったつもりが すぐに月の帽子が頭の上に!
    取っても取っても帽子は脱げないという展開に
    娘は大笑い。
    ページをめくりながら「今、●●個帽子あるよ」と楽しそうに数えていました。
    帽子の数が増えていくほどにいろんな人を巻き込んで
    大ごとになってゆく様子も滑稽です。
    娘は文章の長さとかはほとんど気にならないくらいお話に引き込まれたようです。

    投稿日:2010/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    • ラブケイさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    とにかく、おもしろい。
    何の原因も、訳もあかされず。善良なバーソロミューの頭の上の帽子がぬいでもぬいでも、ぬげないのです!
    え?
    なんで??
    そんなこと考える間もなく、こどもは物語にひきこまれていきます。
    はらはら、どきどき、難しいことを考えず、ぜひ読んでみてください。

    投稿日:2010/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に不思議!!

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    文字も沢山あるし、話も長いのですが、とっても面白く子どもも私も夢中で読んでしまいました。
    全然聞いたことのないお話だったので、一体どうなるの??っとハラハラドキドキして読みました。取っても取っても取れない帽子。一体どうなってるの??
    帽子を取らないなんて無礼だと王さまに怒られてしまいます。ついには首を切られてしまうことになりました。
    どうして取れないのでしょうか??
    それは読んでからのお楽しみ!!
    小学校低学年から楽しめると思います。

    投稿日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 帽子をとったらまた帽子

    「王さまの竹うま」を読んで気になったドクター・スースです。

    息子も絵を見てスースとわかったようです。

    帽子をとったらまた帽子って読んでいると笑えるのですが、不可思議なこと解明できないことでうろたえる大人にとっては、脅威でしかないんだなあと思いました。

    帽子が勝手に増殖しているというだけで、生命まで危うくなるバーソロミューにはただただ同情です。

    「たくさんのお月さま」同様、王様は自分で解明できないことは、家来に頼って解決するんだなあと思いました。

    絵本としては長い内容です。読み始めたら、バーソロミューの運命はどうなるのか?本当に500の帽子が出てくるのか?が気になり一気読みしました。

    思いがけないオチでしたが、息子と自分だったらどうする?と話し合いました。

    投稿日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬいでも、ぬいでも

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    ぼうしを取っても取っても、次の瞬間には頭にぼうしが乗っているのです。
    どういうことなのか、どうなるのか、どんどん引き込まれていきます。

    ぼうしが頭の上から取れないばかりに、王さまの怒りを買ってしまい、大ピンチになるのです。
    どうなるかと、どきどきしながら読み続けると、ありえない話なのに本当にどうなるかと手に汗をにぎります。

    長い話ですがあっという間に最後まで読めてしまうのです。
    登場人物がそれぞれに味があって飽きません。
    最後はぼうしが頭から取れるのか、どうなるのか、ぜひ読んでみて下さい。

    投稿日:2009/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット