まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

つんつくせんせいとふしぎなりんごふつうだと思う みんなの声

つんつくせんせいとふしぎなりんご 作・絵:たかどの ほうこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年9月
ISBN:9784577024669
評価スコア 4.24
評価ランキング 19,449
みんなの声 総数 40
「つんつくせんせいとふしぎなりんご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • つんつく先生、絶好調!

    毎回毎回、想像以上のことをして、ぶっとんでいるけど憎めない・・・。
    それが私の中のつんつく先生。

    今回つんつく先生は、園児たちのまえで嘘をつきます。
    理由は、どんぐりを先生がひとりじめしたいから。
    まるで子ども・・・。でもそれが、つんつく先生なのです。もう仕方がないのです。

    嘘はすぐに園児たちにばれますが、そんな先生でも園児たちが
    ニコニコ笑顔で慕っているのは良いなあと思います。

    先生の歌とダンスの場面は、声に出して読んでみると楽しさアップ。

    らったらったら〜
    らりるう〜
    つんたらつーん!
    ろろん

    声に出してみると、なんだか自分まで気持ちよくダンスを踊っている感じがしました。
    つんつく先生になったつもりで、歌ってみましたよ(笑)

    投稿日:2017/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • くりりん・くりんごダンスがかわいい。

    • ぐるんまさん
    • 30代
    • ママ
    • 和歌山県
    • 女の子7歳、男の子1歳

     つんつく先生シリーズなので娘が借りてきました。
    ちょっととんでるつんつく先生、今回は子供みたいに園児達にも内緒でどんぐりを独り占め。
    でもそれはりすの夫婦が集めた大事などんぐりなんですよ〜
     りすの夫婦は頼りになるはりねずみのおばさんに相談。
    はりねずみのおばさんは、子供達を集め、何やら考えがあるようです。
     つんつくえんのみんながりんごの絵を描きに行く前に、先回りして、りんごを集め、くりとりんごのくりりん・くりんごダンスを大披露。とっても楽しそう!はりねずみの子供達がかわいいんです!まさにくりのイガイガに見えますね。
    娘も先日、初めて山でイガに入った栗を拾い、苦労してイガから取り出した経験をしたばかりだったので、りんごをあのイガに突き刺して・・・と想像しているようでした。
     調子に乗ったつんつく先生は踊り出し、どんぐりをばらまいてしまい・・・めでたく、りすの夫婦のもとにもどりましたよ。よかったよかった。

    投稿日:2006/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今の季節にぴったりの本

    つんつくせんせいをぱっと見た感じはマドレーヌのミス・クラベル先生を連想さすような風貌で園児たちの格好もマドレーヌ達を思い出しました。黄色い帽子に青い服。でもミスクラベルとは性格が全く違います。子供っぽい先生で面白いのですがウソをつくのはよくないと思います。うそを仮についてしまったとしてもちゃんと謝って欲しいなと思いました。娘は楽しく聞いてましたよ。季節的には読むのにちょうどよいと思います。

    投稿日:2006/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな先生いたら困るよねえ

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    この本を読んだ夫の感想は「ひどい先生なんだよ!」

    笑ってはいましたが、こんな先生がいたら、親としては困ります。幼い子供には反面教師は必要ないと思いますから。物騒な事件が多発し、倫理観を疑うような大人が多くなってきた昨今、せめて幼い子供達の周りには、尊敬できる人がいてほしいと願います。

    まあ、お話の世界ですから、ここまで目くじらたてることはない訳ですけど。

    親の心配をよそに、幼稚園児の娘はくりりん・くりんごダンスが気に入り大満足でした。

    最後の場面は考えさせられるものがありました。子供って、大人の過ちを許してくれるんですよね。

    投稿日:2005/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいけど、がめつい先生。

    全体的には明るくて楽しいお話です。
    ただ、ちょっと辛口にいうと、元はといえば、つくつん先生がドングリを独り占めした為に始まったお話。というのが気になりました。
    正直にいうと、幼稚園の先生は(人間味はあるけど)こういう風に描いて欲しくないな。もっと、子供おもいで、優しくって、人道的な人に描いて欲しい。現実はどうあれ、お話の中だけでもね。切にそう思います。

    つくつん先生にやっと集めたドングリを根こそぎ持っていかれたリスの夫婦が、ハリネズミのおばさんに相談してドングリを取り戻すストーリー。
    幼稚園の子供達の表情が、キラキラしているところはよかったです。

    投稿日:2002/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ピヨピヨ ハッピーバースデー / きょうのごはん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット