おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!? おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!?
作・絵: トロル  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ゆきやまのスキー場からいらいがとどいた。なんとゆきやまにでるかいぶつをみつけてほしいというのだ。はたして、かいぶつは…。

まじょのデイジー」 その他の方の声

まじょのデイジー 作・絵:植田 真
出版社:のら書店
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784931129481
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,526
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 魔法をかけられました!

    • やよいつきさん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子5歳

    ぱっと見て一目惚れだったのですが、ページをめくった瞬間に、魔法をかけられます。木々の緑の美しさにうっとり。天真爛漫な魔女デイジーと、不器用な鳥ズズーのやりとりは愛らしくて、思わず微笑んでしまいます。ラストも思わずほろりきてしまい、やさしい余韻がいつまでも続きました。描かれているささやかだけどすてきな魔法は私たちの身のまわりにまさにあるもの。あたたかな魔法がずっと心に残っています。

    7歳と5歳の娘たちにも見せると、表紙を見た瞬間に「かわいい!読みたい!」と、大騒ぎ!まず7歳の娘が自分で読みたいとひとりで読み始めました。読み終えると、駆けつけてきて「おかあさん、すごくいいおはなしだった!」「デイジーとズズーがともだちになってよかった〜!」と話にきてくれました。

    次に5歳の娘に私が読んであげると、どの場面も目をきらきらさせて見ていました。読み終わると、「もう1回もう1回」と何度も読みたがり、しまいには色鉛筆を取り出し、デイジーとズズーの絵まで描きはじめました。1番好きだったのは、デイジーとズズーが仲良く空を飛ぶ場面のようです。

    まだ買ったばかりですが、娘たちもすっかり魔法にかかってしまったようで、一緒に何度も何度も読んでいます。最初と最後に出てくる他の魔女の子たちや学校の様子なども気になるらしく「つぎのおはなしもよみたい!」と続編を期待しています。

    投稿日:2009/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • お気に入りの魔女えほん

    かわいらしい見習い魔女たちや、ふんわりした淡い色合いがとってもきれい!

    ほうきで飛ぶのが苦手な見習い魔女のデイジーと、いじわるで友達がいない黒い鳥のズズー。

    最初は仲の悪かったふたりも、飛ぶ練習をするうちにしだいに変化してきて…。

    デイジーの素直さもズズーの不器用さも、とっても愛しく思いました。
    自分に無いものを与え合うことで、デイジーとズズーは友達になれたんですね。

    ズズーが嬉しくて泣く姿は、私も少し泣きそうになりました。
    デイジーからもらったきれいなスカーフが、とってもよく似合ってます。

    デイジーとズズーが大好きなので、是非シリーズ化して下さい!

    投稿日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット