宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いぬとねこのおんがえしなかなかよいと思う みんなの声

いぬとねこのおんがえし 作:(日本民話)
絵:太田 大八
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
ISBN:9784790250784
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,604
みんなの声 総数 7
「いぬとねこのおんがえし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねずみとつるも恩返し

    とてものどかなお話です。
    日本民話だからか、類話もいろいろありましたが、それらにあった大きな冒険も、訓話のような教示もないのです。
    物足りなさもあるのですが、ねずみやつるも、世話になったことを忘れずにいるという、心暖まるエピソードに助けられています。

    投稿日:2017/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬の表情がかわいい!

    犬が好きなのでふと手にとった絵本。
    犬とネコが世話になったおじいさんに恩返しをする、
    まさにタイトルそのままの内容ですが、
    場面ごとの犬の表情がおもしろい!
    恩返しをするために、おじいさんを裏切った人を
    だます場面での犬は「無垢」な感じを装った表情で、
    ネコが大事な仏様を落とす場面では
    ああ!!と無念そうな表情。
    犬は、なんてことない白い雑種なんですが、
    目が離せなくなります!!
    ぜひ、ご一読あれ!!

    投稿日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット