たいようとつきはなぜそらにあるの?自信を持っておすすめしたい みんなの声

たいようとつきはなぜそらにあるの? 作:エルフィンストーン・デイレル
絵:ブレア・レント
訳:岸野 淳子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1981年10月
ISBN:9784593500291
評価スコア 4
評価ランキング 24,221
みんなの声 総数 4
「たいようとつきはなぜそらにあるの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 天を仰ぎこどもたちに語り伝えられた…

     『バーバ・ヤガーー』・『おこったつき』のブレア・レントさんの絵に新たな魅力を感じこちらは借りてきました。
     
     南ナイジェリアの地区監督官だったエルフィンストーン・デイレルさんが、著書『西アフリカ・南ナイジェリアの民話』から取り上げたもので、エフィク・イビビオ族の人々から聞いた民話だそうです。

     太陽と月(太陽の奥さん)がアフリカの部族の衣装を着け登場し、どうして空にいるのかが、物語として語られています。

     昔々、太陽と水は仲良しで、どちらも地面の上に住んでいました。
     しかし尋ねていくのはいつも太陽の方ばかりです。
     太陽は、水を家へ招きます。
     水は家族が多いからと辞退するのですが、太陽は友人のために大きな家を造ります。
     そして、いよいよ水が太陽を尋ねることに…。

     アフリカの中でも歴史ある西アフリカ美術独特の仮面や衣装を想起させる絵です。
     アニミズム的な空気も感じられ、当時の人々が天を仰ぎこどもたちに語り伝えられたお話しなのだろうなと思いました。
     
     見返しのデザインもたっぷりアフリカを感じられるものでした。

    投稿日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット