あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」

さるのせんせいとへびのかんごふさん」 ママの声

さるのせんせいとへびのかんごふさん 作:穂高 順也
絵:荒井 良二
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年11月
ISBN:9784939029059
評価スコア 4.79
評価ランキング 369
みんなの声 総数 114
「さるのせんせいとへびのかんごふさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

100件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 笑った!

    なんだか楽しそうな表紙に惹かれて借りてきました。
    結果大正解!

    3歳の娘は、へびのかんごふさんがきつねに噛み付くところでちょっと怖がったものの、それが注射だったとわかるや大笑い。そのあとはとても楽しく読み進めました。

    よくこんなこと考えつくな〜と感心しました。
    荒井良二さんの挿絵もおもしろさに拍車をかけてます!
    (くまのお母さんが後ろの方で治療を受けている絵で吹き出しました)

    これは子供にウケますよ!
    いや、読み聞かせる大人も笑いで声が震えます。

    ぜひ!!

    投稿日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • へびが看護婦さん

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    とにかく面白いです。この絵本。先に「へびのせんせいとさるのかんごふさん」を読んで大爆笑だったので、この絵本も期待してました。そして期待を裏切らず息子爆笑でした。
    ほんわかかわいい絵から想像もつかないほどぶっとんだお話で、何冊でもシリーズが出てほしいくらい面白いです。
    それにしてもへびの看護婦さんの仕事ぶりの素晴らしさには目をみはります。ゾウの鼻の穴に入って鼻詰まりを治してあげるときも文句ひとつ言わず、鼻の中へと入っていく姿、まさにプロフェッショナルでした。

    投稿日:2017/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い

    かかりつけの小児科に置いてある絵本です。
    行けば必ず目を通します。
    看護師のへびさんの活躍ぶりには笑わずにはいられません。
    その手があったか・・・と、こちらも唸ってしまうような七変化。
    さる先生のよき手足となって、患者さんを治療していく姿に、思わず笑顔になれるユーモアあふれる絵本です。

    投稿日:2016/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本ナビさんで知って、面白そうだなと買ってみました。子ども達がお医者さんや病院に親しみを持ってくれるといいな、とも思いながら。

    最初に渡した6歳の息子は、自分で一息に読んでしまって「面白かった〜」と言っていました。
    次に読んであげた3歳の娘も、「すごく面白かった」と。2回、3回と繰り返し「読んで〜」とせがまれました。特にゾウさんのくしゃみが気に入ったようです。
    横で息子も娘に、「この本とっても面白いんだよ」と一緒に見ました。

    色調は黄緑、黄色にピンクが効いて(へびのかんごふさんの服もピンク)、まるで春の野原のような、暖かくてウキウキしちゃうような、すてきな色合いでした。
    病院の建物や無機質な機械類もありません。野原の中のオープンなお医者さんで、虫たちもちょろちょろしています(そのおかげで?くまのお母さんは災難ですが)。

    お医者さんや病院がキライなお子さんが読んだら、少しは苦手意識がなくなるかも?

    へびのかんごふさん、パーフェクトすぎです。
    ばあばも「読んで〜」とせがまれ、「さるのせんせいは何もしていないね…」とつぶやいてました。あ、やっぱり?

    最後に細かいことですが、へびの「かんごふ」さんは「かんごし」さんに変わらないのかな〜? 今の子どもには「かんごふ」って名称は馴染みがないだろうし。
    新しい版が出るときに、変更してもよいのではと思いました。

    投稿日:2016/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性的

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    お医者さんごっこがブームな娘にいいかなと思い読みました。
    なんだか予想ができない個性的なお医者さんと看護婦さんのお話でした(笑)。
    さるのお医者さんにとってへびの看護婦さんは欠かせないパートナーですね。
    へびの看護婦さんが薬草等をかみくだいて口から出して薬作りをしたり、注射器になったり…患者さんが出る度に次はどうなる!?と楽しかったです。

    投稿日:2015/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勢いのあるお話

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    さるのお医者さんと
    へびの看護婦さんのお話。
    題名が役割逆になった絵本がありますが、こちらが正規の役割です、
    2冊とも読むとさらに面白いと思います。

    勢いのあるお話で読みだすとあっという間に終わります。
    ザクッと描かれたような絵も、その病院での仕事もユニークです。
    へびの注射など、おおっ、そうしちゃうか!という感じです。
    とってもユニークなお話、その勢いも新鮮で、味わい深いものがあります。

    投稿日:2014/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘が、朝の読み聞かせで聞いてきたとのことで、
    嬉しそうに話してくれました。
    で、ちょうど私が持っていたので、奥の本棚から出してあげると
    大喜び!
    早速今一度親子で読みました。
    看護婦さんが、薬を飲んでかみついて注射にしたり、
    胃カメラになったりともう奇想天外で
    看護婦さんこそがこの病院の要なんですが、
    でも看護婦さんは看護婦さん。
    注射のところも、胃カメラのところも
    二回目なのにきっちり笑って聞いていました。
    荒井さんの絵もまたいいですよね。
    明るい色使いで楽しい気分になります。

    投稿日:2014/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何回読んでも笑っちゃう

    表紙のほのぼのさに惹かれて本屋さんで手に取ったのですが...

    へびのかんごふさん、なんて斬新で敏腕なの!
    一気にへびのかんごふさんの大ファンになってしまいました。
    ページをめくるたびに顔がにやけてしまいます♪

    さらに一番最後に意外な姿になっていて、ほんとうにかわいいです。
    さるの先生の優しそうな顔も、こんな病院行ってみたいなぁという気持ちにさせてくれます。

    そしていつも大爆笑なのが、くまのおかあさん。
    細かいところまで見応えがあります。

    娘がもうちょっと大きくなったら、読んであげたいとおもいます。

    投稿日:2013/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • へびの看護婦さん、すてき♪

    荒井良二さんの絵が好きな、2歳半の息子に図書館で借りました。
    息子はアレルギーもちで、かなり病院に行っているので、親近感がわくかなあと。

    動物たちの表情がおもしろくて、また、パステル調のやさしい絵で、
    本文とぴったりでした。
    また、へびの看護婦さんには笑えました。
    草や根を食べさせて吐き戻させて薬にしたり、
    噛み付いて注射になったり、
    メジャーになったり(巻き付くので頭まわりも胸まわりもばっちり!)、
    胃カメラになったり…。

    息子もとても喜んで読んでいました。
    注射のところは「いたい、いたい…」など感想を言いつつ。
    おもしろかったようです。

    ただ気になった点は、現在は「かんごふさん」ってもう使わないんですよね。
    「かんごしさん」に統一されたと思います。

    投稿日:2013/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • この看護婦さんすごすぎです!なんでもできちゃう万能な看護婦さんなんです。もう親子ではまって何回も読みました。何ともいえない絵と不思議な展開がこどもを魅了しているようです。3歳の弟はぞうがくしゃみをするページが大好きで笑い転げています。とても楽しい時間を過ごしています。

    投稿日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0

100件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だじゃれオリンピック / ドングリ・ドングラ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • トントン紙ずもう
    トントン紙ずもう
    作・絵:COCHAE(コチャエ) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★帰省みやげ・室内遊びに★        力士を作って遊べる紙ずもう。年末年始、家族と盛り上がろう!
  • お正月
    お正月の試し読みができます!
    お正月
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今日は元日、おめでたい一日。今年の一年を幸せをねがって縁起をかつぐだんなさんですが…。


『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

みんなの声(114人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット