アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

あけて・あけてえほん れいぞうこ」 ママの声

あけて・あけてえほん  れいぞうこ 作・絵:新井 洋行
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784031027106
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,399
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

64件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 姉の絵本を弟が楽しむように

    6歳姉が小さなころに買ったこの絵本。
    まだ早いかなと思いつつなんとなく0歳の弟に読んでみたところ
    ちょうど「ハーイ」ができるようになったタイミングだったので
    思いがけずツボにはまったようで!

    1歳のおたんじょうびを迎えた今、レギュラー絵本です。
    さいごのいただきますも手を合わせニコニコ。
    食べる真似を私がしたあとに
    「はいどうぞ」と息子の口元にもっていくと
    「あむあむ」と食べる真似もして可愛い〜

    絵本「くだもの」もそろそろ楽しめるかなと思っています。

    投稿日:2010/12/27

    参考になりました
    感謝
    5
  • 冷蔵庫の魅力

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    「あけて・あけてえほん」という副題どおり、絵本自体を冷蔵庫に見立てて、
    ページを開くと冷蔵庫の中が登場という趣向。
    食べ物が一杯の冷蔵庫の魅力がそのまま味わえます。
    どうやら、赤ちゃんのお食事の準備のようですよ。
    馴染みのある牛乳、卵などが登場するのも嬉しいですね。
    赤ちゃんにほどよい文章量と擬音が心地いいです。
    3歳以下のおはなし会のオープニングで
    「朝ごはん食べてきましたか?」という導入で使いました。
    途中、りんごジャムが登場するのですが、
    そのりんごの絵を見た2、3歳児が「Apple!」と流暢な発音で
    反応したのにはびっくりしました。

    投稿日:2010/01/27

    参考になりました
    感謝
    5
  • お話会にも使える大きいサイズを!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    本当に、このシリーズは低年齢向けのかわいい絵本だと思います!!
    生活の中でよく目にするものを「あけて」何かをする。ってことに着目しているのが、また素敵ですね!

    この絵本に触れた子どもは、楽しみながらここには、こういうものが入っていて、こういうものに変化したりするんだと、自然に納得できるんじゃないかな?
    特に今回は「れいぞうこ」なので、出てきたものだけでなく、冷蔵庫の中に入っているものも、チェックしつつ、楽しむことができると思います。
    持ち歩きには大変便利なポケットサイズの絵本ですが、お話会などに使うには、ちょっと小さすぎるので、お話会にも使えるようなA4サイズか、A3サイズのバージョンもできてくれると、嬉しいです。

    投稿日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    4
  • ドアを開けると・・・

    • ピタとゴラさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子13歳、女の子1歳

    表紙がとにかく可愛い!

    牛乳、ジャム、イチゴに卵・・・
    冷蔵庫から次々と出てくるおいしそうな食べ物を
    娘は目を輝かせながら眺めています。

    音の表現も秀逸です。
    ジャムをパンに塗るページの
    「とろっペタペタペタ・・・」という箇所では
    娘は不思議そうに私の口元を「じーっ」と見つめていました。

    シリーズで「おふろ」「おしいれ」もあります。

    投稿日:2010/03/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • 連続20回。

    最初は「こどもは実際に冷蔵庫を開けたこともないし、そんなに食いつかないのでは」と思っていましたが、どうしてなかなか・・・

    ページをめくるごとにつぎつぎに食材が登場してくるのが、十分楽しめるようです。
    さいごの「いただきまーす」では自分もいっしょに手を合わせてニコニコ。

    多いときは、1日に20回くらい連続で読まされます。

    投稿日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • わくわくした気持ちを疑似体験

    日本の赤ちゃん絵本と言われる本の中には、オノマトペを使ったものが多いことから、そんな本を中心に読んでいる時期がありました。

    赤ちゃんのいるご家庭にも人気があるというこの絵本も、読んでみると「とっとっとっ」「ぺたぺた」などというオノマトペができます。

    棒読みではなくて、朝の食卓の風景を思い描きながら、読み聞かせをしたら楽しそうな絵本だと思いました。

    確かに冷蔵庫は四角で、絵本の開きをそのまま冷蔵庫に当てはめたところが、今までにあってもおかしくないのに、これまでなかったということで斬新な感じがしました。

    子どもたちが冷蔵庫を自分で開け閉めできるようになるまでには、赤ちゃんから何年かかかると思いますが、そのまでの間、この絵本が冷蔵庫を開けるわくわくした気持ちを疑似体験させてくれそうです。

    お話会で読んでみたら、子どもたちはどんな表情を思い浮かべることでしょう。

    今からその日が楽しみな絵本です。

    投稿日:2011/09/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • ころんころん

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    れいぞうこのにいるみんなをひとりずつ呼びかけ、テーブルの上で朝食が出来上がる。ワクワクしました。

    「ぎゅうにゅうさ〜ん」「は〜い」
    「こっこっこっ」



    うちの子は呼びかけて返事するところよりも、テーブルの上に出て行く音に興味をもったようです。
    いちごさんの「ころんころん」が一番良かったみたいで何度読んでもそこで笑顔になりました

    サイズも子供の手にぴったりで良かったです

    投稿日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 冷蔵庫の中身をのぞける・・・

    2歳11ヶ月の息子に読んでやりました。冷蔵庫の中から色々なものが取り出され、何かが作られていく・・・という絵本です。冷蔵庫の中身は、「○○さん」「はーい」というやりとりで取り出されて行き、最後に朝食が出来上がります。

    冷蔵庫の中身を息子と確かめるのが楽しかったですね。言葉を知っているか、同じ様なものを見かけたことがあるか、同じものでもみかけが多少違うものがあることを教えてあげられるなど、客観的にみることもできます。そしてそれらの材料で出来上がった朝食を食べるという指向もおもしろいですね。

    朝食が作られていく様子や、冷蔵庫の中身などを見せてあげたいと思う方にはオススメですよ。

    投稿日:2010/07/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • だいすき

    単純ですが、だいすきなえほんです。
    牛乳を飲み始めてからは、牛乳さーんとよび
    とっとっと、とコップについでやると喜びます。
    ジャムはまだ使用していないのでハテナ?ですが
    苺も好きでさわったり、
    最後のいただきますで、にっこり!

    投稿日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっと息抜きに。

    絵本ナビで知り、1歳10ヵ月で初めて読みました。
    0歳代で出会いたかったのが本音です。

    「牛乳さーん」と呼ぶと、娘は素早く牛乳の気持ちになって
    「ハーイ!」とお返事してくれます。
    ほのぼのしていて面白いです。

    毎日たくさんの絵本を読むので
    息抜きにちょうど良いです。

    投稿日:2010/04/14

    参考になりました
    感謝
    1

64件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット