これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?

あけて・あけてえほん れいぞうこ」 パパの声

あけて・あけてえほん  れいぞうこ 作・絵:新井 洋行
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784031027106
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,409
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アイデアが最高

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    読後感は、ファーストブックに新たな名作誕生という思いです。

    あけて・あけてえほんという名のとおり、絵本自体が冷蔵庫を模しています。
    このアイデアが最高。
    扉を開けて、
    「ぎゅうにゅうさーん」
    と声をかけると、牛乳が登場してきてコップに注ぎます。
    そんな朝食のメニュー達が呼ばれて、次々に朝食が完成に近づいていきます。
    最後は、ぼくの
    「いただきまーす」

    みんな冷蔵庫の中にいるときは、目を閉じているのですが、呼ばれると「はーい」と言って目覚めて登場します。
    その表情が、実に魅力的なもの。
    ボードブックのサイズも、持ち運びできる丁度良いもので、超オススメの作品です。

    投稿日:2011/09/03

    参考になりました
    感謝
    4
  • 0才7か月の息子に買いました。
    最初は絵本の『れいぞうこ』にあまり興味がなかったものの、
    何度か読んでるうちに、
    本物の冷蔵庫の方に興味を持ち始め、
    絵本の『れいぞうこ』も好きになってきたようです。

    最近では、ページを自分でめくりたがるので、
    手を添えて一緒にめくって読んでいます。
    ページの角が丸く、紙が丈夫なのでめくりやすそうです。

    一度読んでやめるとぐずり出すので、
    6回連続で読んだこともあります。

    次は、同じシリーズの『おふろ』を買おうと思っているところです。

    投稿日:2016/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おへんじの練習!

    単純なお返事の反復とかわいいイラストが特徴!

    しばらくすると、「は〜い」とお返事してくれるようになりました。
    うちの息子は、イチゴがお気に入りみたいですよ!

    1歳くらいには、ちゃんと「いただきます」もしてくれるようになりました。

    とても短い内容なので、何度も読み返しをリクエストされることもしばしば…
    あんときは、エンドレスでした^^・・・

    投稿日:2010/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと単純すぎ?

    表紙が冷蔵庫になっててオモロイかなあと思い、チビに読んだんですが、反応はイマイチでした。結末も想像出来るし。ちょっと幼すぎたかなあ。1歳くらいのときにがたんごとんをすごく喜んでいたので、その頃に読んでいたら違っていたかも。ちっちゃいコは繰り返しが好きやしね〜

    投稿日:2009/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット