ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森の試し読みができます!
作: 石井 睦美 絵: 岡田 千晶  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
石井睦美さんの美しい言葉と岡田千晶さんの幻想的な絵で贈る絵本

おおきいツリー ちいさいツリーなかなかよいと思う みんなの声

おおきいツリー ちいさいツリー 作・絵:ロバート・バリー
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784477011417
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,166
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 毎年読みたい

    いいお話です。
    少し大きすぎて余った、モミの木の先っぽが、少し小さな動物用のツリーに。また少し大きすぎて余った木の先っぽが、次の動物のツリーに…

    巡り巡って、みんなが幸せになります。

    大勢でのお話会では、絵が小さいので、数人で近寄って読んであげたいです。

    投稿日:2017/10/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 少し気になる部分も

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    ずーっと気になっていたこの絵本。ようやく読みました!

    ストーリーは知っていたので、驚きというのはさほどなかったのですが、結構長く続いていくのがちょっとビックリだったかな。

    先をちょん切られたツリーも必要とされ、それぞれの場所のクリスマスに華を添えるのですが・・・
    絵の大きさ比率が少し正しくない気がしたのが気になりました。
    はじめにお屋敷で切られた先っぽが、人の大きさから想像しても1m程度でしょうか。

    それが次に、小間使いのアデレートによって切られたのも30cmくらいと見積もっても・・・
    なんだか、その後あまりに長く続いていくお話にちょっと無理を感じました。

    堅苦しい考えかもしれませんが、実寸で考えて、そこまでこだわってほしかったなぁ。
    期待が大きかっただけに、気になりましたね。
    4歳と2歳の子供はもちろん、気にも止めていない感じでしたが。

    ストーリー自体はとてもいいと思いましたよ☆

    投稿日:2010/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんな幸せだね

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    ウィロビーさんのお屋敷に届いた大きなツリーは、先っちょが弓なりに曲がってしまうので、ちょん切られてしまいます。
    拾われては、ちょん切られの繰り返しですが、拾った人(動物)達はみんな幸せそう。
    クリスマス・ツリーをめぐる、ほのぼのとしたお話です。
    娘は、「あ、ちょん切られちゃう!また、切られちゃう!またまたっ!!」と楽しそう。
    最後にツリーを手にしたねずみさんのお家が、どこにあるのか気が付いて喜んでもいました。

    投稿日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • なつかしい

    昔読んだなあと思いながら、子どもと読みました。

    ツリーが大きすぎて、少しずつカットして、いろんな生き物たちで分け合いっこができる、、、

    クリスマスのわけあいの精神も学べて、心があたたまるのでとてもおすすめです。大人でもいいかも。

    投稿日:2017/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても素敵なリサイクル 受賞レビュー

    一本の大きなクリスマスツリーが起こす
    とっても素敵なお話です。

    大きくて家に入りきらないツリーの先端を切ると、
    その先端が、他の誰かのツリーになっちゃいます。
    なんて素敵なリサイクル!
    そしてまた余分な先端が他の誰かのツリーになって…。

    シンプルな内容ながらも、
    出てくるキャラクターたちがとても可愛くて
    それぞれにツリーの飾り付けが凝っていて、
    見ていて楽しくなる絵本です。

    この絵本を読んでおくと、
    これからツリーを飾るのがもっと楽しくなると
    思います。
    冬の読み聞かせにオススメです。

    投稿日:2017/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなツリー大活用

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳

    ウィロビーさんのお屋敷に大きなツリーが届きましたが、
    大きすぎて、天井につっかえてしまいます。

    先っぽをちょんぎって無事解決。
    切った先っぽは、こまづかいのアデレードに送られました。

    アデレードの部屋では大きかったので、
    先っぽをちょんぎって無事解決。
    その先っぽはゴミ箱へ。それを見つけた庭師のチムの家へ・・

    どんどん先っぽはいろんな家に行き、
    どんどん小さくなり、最後にねずみの家へ。

    みんな幸せになれたけど、
    捨てるって感じじゃなかったらよかったな、なんて思いました。

    投稿日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!

    • とんえほんさん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子10歳、女の子8歳、男の子6歳

    動物たちがいっぱい出てきます。ひとつの大きなツリーだったのが、みんなのそれぞれの小さなツリーになっていきます。
    みんな自分たちのツリーを持てて、とってもしあわせな気分になります。
    かわいい絵としあわせなストーリーにクリスマスのうきうきした気分が盛り上がります。

    投稿日:2016/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 待ち遠しいクリスマス

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子19歳、女の子14歳

    クリスマス前にぴったりの、とても素敵なお話です。
    庭師のチムさん家も、熊のバーナビーさん家も、狐のフリスキーさん家も、兎のベンジャミン家も、どこの家庭でも奥さんが何のためらいもなく、スパッとツリーの先っぽを切り落として捨ててしまうところが、しっかり者らしく思えました。
    バーナビーさん家ではソファーの後ろにプレゼントが隠されていたり、ベンジャミンさん家では7匹の子兎用に靴下が7つ下げられていたり、待ち遠しい雰囲気もいっぱい感じられました。

    投稿日:2016/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせにぴったり

    もうすぐクリスマス。ウィロビーさんのお屋敷にツリーが届きます。
    とっても大きなツリーで先が天井につっかえて曲がってしまうので先だけ切ってしまいます。その先をお手伝いさんにあげて…
    いろんな人へどんどんとツリーのおすそわけをしていくというストーリー。
    繰り返しが多いので、それを好む小さい子向けかなぁと思いました。
    クリスマス前にクリスマスを楽しみにしている子どもに読むのに良いと思います。

    投稿日:2016/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ツリーってほんとうにいいものですね

    1本の大きな木が、沢山のおうちを幸せにするお話です。うさぎはニンジンでツリーの台を作り、ねずみはチーズで作ったお星さまを飾り・・・みんな思い思いの方法で自分だけのクリスマスツリーを作り上げていきます。最後のページでは、ウィロビーさんの豪華なクリスマスツリーの足元に、小さく明かりがもれるねずみさんのおうちのツリーが見えていて、とても微笑ましいです。本当に、ツリーっていいものだなぁ。

    投稿日:2016/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット