まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

かりんちゃんと十五人のおひなさま」 パパの声

かりんちゃんと十五人のおひなさま 作・絵:なかがわ ちひろ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784035283706
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,865
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おひなさまのきもち

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子14歳、女の子12歳

    この本を読むと、おひなさまの見方が変わります。
    おひなさまの役割や、それぞれの家庭にあるおひなさまがどのような想いで家にやってきたのか。
    お恥ずかしいことに、そんなことを考えたのは、この本を読んでからでした。

    私は男の子だったので、本来ならば、兜やこいのぼりがあるはずだったのでしょうが、そんな裕福でもなかった私の家には、どちらもありませんでした。
    二人の妹も同様に、自分のおひなさまはありませんでした。
    よくよく考えてみると、実は各家庭によって、「うちにあるおひなさまは小さいんだ」とか「二人しかいないんだ」というような、いろいろな事情はあるのかもしれません。でも、そういう、今の自分のおひなさまに満足していない女の子に是非読んでもらいたい本がこの『かりんちゃんと十五人のおひなさま』です。

    おひなさまは、その持ち主の子どもを守ってくれているのです。
    そのおひなさまを贈った人の願いが込められているからだそうのです。
    だから、おひなさまが大きいとか小さいということではなく、贈ってくれた人が自分のことをどんなに想ってくれたのかということに、気持ちを向けて欲しいと思います。

    ありがたいことに、我が娘には、祖母の手づくりの木目込みのおひなさまがあります。毎年、おひなさまを出すことを楽しみにしています。
    娘(この本を読んだときは小6)も、この本を読んでいたので、おばあちゃんの気持ちをきっとあらためて受け取ったことと思います。

    投稿日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット