宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる」 せんせいの声

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる 絵:かしわら あきお
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784052031113
評価スコア 4.46
評価ランキング 8,899
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音と指先で楽しもう!

     保育園の0歳児クラスに置いてあって、子ども達に人気の1冊です。

     たくさんの「しましま」と「ぐるぐる」が登場してきます。指先で「しましま」と「ぐるぐる」をなぞりながら、「…るる」などと言いながら読んでいます。指さしが出来るようになったらとっても楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2017/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目が回る?

    絵本のタイトル通り、しましまぐるぐるで構成された絵本です。

    全てのページにおいて、しましまとぐるぐるな為、なんだか目が回りそうな印象を受けました。
    ソフトクリームの視点が変わっていて面白かったです。

    ポップでカラフルな絵本なので、乳児さんにオススメの一冊です☆

    投稿日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • すご〜い

    ホントに原色を見事に使った絵本

    でも赤ちゃんを惹きつけるにはもってこいですね

    ジィ〜ッと見ています

    しましま と ぐるぐる だけなのに ね

    投稿日:2010/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(101人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット