みえた!きょうりゅうのせかい みえた!きょうりゅうのせかい
作: サラ・ハースト 絵: ルーシー・クリップス  出版社: くもん出版
世界15か国、300万部突破の大人気絵本シリーズ! 自分で答えを発見しながら読みすすめる、新感覚の知識絵本!

キャベツくんのにちようび自信を持っておすすめしたい みんなの声

キャベツくんのにちようび 作・絵:長 新太
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年05月
ISBN:9784580813649
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,526
みんなの声 総数 107
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

64件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 長先生の世界は、やはり楽しいです。

    唐突なブタヤマさんの「・・・キャベツ おまえを たべる!」に爆笑です!
    キャベツくんもたまったもんじゃありませんね。

    そしたら、このとき不思議な手が出て、「いらっしゃい いらっしゃい おいしいものが ありますよー」って、またしても唐突な大きなネコ(招き猫っぽいです)の登場。

    キャベツくんとブタヤマさんは、ちょっと 怖いけど ついて行きます。
    このフレーズの繰り返しが、たまらなくこども心に共感を呼ぶのではないでしょうか。

    広大なキャベツ畑。
    たくさん過ぎるキャベツに笑いが止まりませんでした。

    このあとも、たくさんっていうことで、笑いっぱなし!

    頭も心も柔らかくなりました。

    投稿日:2015/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙を見ただけで、長さんワールド全開の予感にワクワクします。

    「クイッ クイッ」と手招きをする、3匹のおおきなネコの表情やしぐさがたまりません。
    「いらっしゃい いらっしゃい おいしいものがありますよー」と言っているネコたちは腰手でラインダンスさながらのポーズ。

    おなかがすいているブタヤマさんはこわいけれど、「おいしいもの」につられてついていきます。
    けれど、きっとお腹がすいていなくても、こんなネコに誘われたら好奇心を抑えられずについていっちゃうだろうなー。

    つぎつぎに繰り出されるネコたちの「まほう」はスケールが大きくて、ページをめくるたびにブタヤマさんみたいに「ブキャッ」と言ってしまいそう(笑)。
    さいごにネコたちは「ポクポク」あるいていってしまう・・・というところにもポエティックな長さんの魅力がつまっています。

    なにげない「にちようび」に「いちばんぼし」をながめながら読みたい一冊です。

    投稿日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツくん、かっこいい〜☆

    キャベツくんシリーズは、読み終わった後のほうが
    娘と盛り上がります〜!!

    「招き猫、こわっ!」とか、
    「キャベツくん、かっこいい〜」とか、
    「ブタヤマサンはトンカツを食べないらしいよ〜」とか。

    4歳の娘の反応が、どれも私と違って面白いです!!

    私はこの大きすぎる招き猫が、とてもかわいいと思うのですが、
    娘は怖いようです。

    それに、どうみてもカッコイイと思えないキャベツくんが、
    娘にはカッコイイようです。

    私も4歳児のピュアな心を取り戻すことができれば、
    キャベツくんをカッコイイと言えるのかもしれません。笑

    親子の会話が、とっても盛り上がりますよ!!

    投稿日:2015/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が広い キャベツくん

    またもブタヤマさんがキャベツくんを食べようとするところから始まります
    ブタヤマさんはこりませんねぇ
    キャベツくんは心が広いです☆

    そして、まほうをつかうネコがいろんなものを見せてくれて
    ほんとインパクトある〜〜〜!!
    ブタヤマさん、豚は食べないんだね〜
    でもってオチが笑ける〜〜
    凝り固まった大人の頭もゆるーくほぐしてくれる
    ユーモアたっぷりキャベツくんとブタヤマさんシリーズ♪

    今度はキャベツくんのおうちでおいしいものごちそうしてあげるんだね!
    やっぱりキャベツくんてば優しい〜☆

    投稿日:2015/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかくいっぱい!!

    キャベツくんとブタヤマさん、今度は招き猫に手招きされるままに着いていくことに。
    着いていった先では一面のキャベツ畑だったり、大量の豚や招き猫に驚いたり(笑) ブタヤマさんの驚きの声もたくさんでしたね。

    お腹が空いていても、ブタヤマさんは豚カツを食べないこと、新たな発見でした!

    次はどんなことが待ち受けてるのかなーと、ページをめくるのが楽しい絵本です!

    投稿日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツくん素敵

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    いつでもおなかがすいてるブタヤマさん.そしていつもブタヤマさんに食べられそうになるキャベツくん.いったいどんな日曜日を過ごすのか,わくわくしながら読みました.

    たくさんのねこと,たくさんのぶたのページには,息子も「おおっ」と驚いていました.
    「おいしいものがあるよ」という猫に2人して着いていくも結局ごちそうにはありつけず,しまいには「おいしいものはありませーん」と言われる始末.なんて残念な日曜日.
    ブタヤマさんの残念がる様子が思い浮かびます.

    そんなブタヤマさんにキャベツくんが話しかけてくれる言葉に温かみがあっていいです.
    キャベツくんの言葉のおかげで,ほっと穏やかな気分でお話を読み終えることができます.

    投稿日:2015/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツくんとブタヤマさんの楽しい1冊。
    ブタヤマさんたらいつだって腹ペコで、キャベツくんを食べてやると言ってますね(笑)
    衝撃だったのはキャベツくんの質問!
    「ブタヤマさんは、ブタをたべるの?」
    答えは「たべない!トンカツだって食べない!」
    キャベツくん、よくぞ聞いてくれました(笑)
    お話も、なんで?(笑)と息子と大笑いしてしまうシュールさ!
    さすがキャベツくんとブタヤマさん!な1冊でした!

    投稿日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼうしを もってるね〜

    最近めっきりブタヤマさんにはまっている1歳11カ月の息子に読みました。
    表紙を見るなり早く見せろとばかりに自分でページをめくります。
    おそるべしブタヤマさんパワー(息子はキャベツくんではなくブタヤマさんが大好きだそうです)。

    まだ2歳手前なので感想が親ばかながらおもしろくて。
    キャベツ畑を見たとき「かめだね」と言ってみたり
    ブタヤマさんがブキャ!して転んでいるところで「ぼうしをきゃべつくん もってるね〜」と言ったり(なんで帽子クローズアップなのか謎)。

    招き猫が姿を現したところは何度読んでもにっこにこです。

    この先も読み続けるうちに子どもならではの感想が聞けるのかなと思うと楽しみです。

    でもこのシリーズ、時々「よまないっ!!!」と断固拒否される日があります。
    読むのに体力でも使うのでしょうか…翌日にはまたお気に入りに戻っているのですが。いろいろと謎の多く、読むたびに子どもの成長を感じられる絵本です。

    投稿日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ブキャ!」以外に言葉がない

    表紙からガツ〜ンとやられました。未読でしたので全ページためしよみしました。
    画面いっぱい、いっぱい、いっぱいのキャベツ、まねきねこ、ブタ。「ブキャ!」以外に言葉がないです。ちょっとこわいけどついていくうちに夜になっちゃうんですね。山の色、空の色がいつもながら印象的です。
    ど〜んとにぎやかな展開でこころを乱され、ストンと落ち着くキャベツくんとブタヤマさんのコンビが最高です。

    投稿日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強烈!!爽快!!!

    「キャベツくん」シリーズに出会ってからというもの、
    長新太さんのつくる世界の虜になってしまいました。

    古い本に載っている長さんのインタビュー記事を探しては読み、
    原画展へ行っては、絵を前にただただ圧倒されて、
    現在進行形で、長新太さんの世界に引き込まれています。

    「キャベツくん」シリーズの中でも、
    この「キャベツくんのにちようび」は特に好きで
    何度も何度も繰り返し読んでいます。


    物語の序盤で突如現れる、3匹のネコ。
    このネコが、なんとも強烈なのです。

    キャベツくんとブタヤマさんを
    「クイックイッ」と手招いておきながら、
    ふたりを翻弄して
    「ポクポク」と去ってゆく・・・。

    そして、キャベツくんの言葉。
    「あのネコは まほうを つかうネコだよ」

    まほうをつかうネコ・・・。

    この脱力感。

    悩みも不安も、もう何もかも どうでも良くなるのです。
    心が晴れて、頭の中が爽快になる。

    私にとって、
    どうしようもなく大切で、愛おしい絵本です。

    投稿日:2015/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

64件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / キャベツくんとブタヤマさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット