アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれものの試し読みができます!
作・絵: こてら しほ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
見習いパンダバスのファンファンが、ある日見つけたふしぎな忘れ物。届けに行こうとはりきりますが……本当にひとりで大丈夫!?

山の上の火」 ママの声

山の上の火 作:ハロルド・クーランダー ウルフ・レスロー
絵:佐野昌子
訳:渡辺 茂男
出版社:ジー・シー・プレス
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年07月
ISBN:9784915619564
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,130
みんなの声 総数 3
「山の上の火」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • エチオピアの自然が物語に見えてきます

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    このお話は、国語の教科書に載ったり、児童用のストーリーテリングのテキストにもなっているので、知っている方も多いかもしれません。
    (訳者の前書きでこのことを知りました)

    実はこの春、中2になった娘も読んだ(1人読み)のですが、「オチがなくて今イチ」と、言われてしまいました。
    いや〜、こういう地方に残る昔話に「オチ」はないでしょう。と、私は思うのですが、一応子どもの素直な感想なので、残しておきますね。

    アフリカ大陸らしい、壮大な自然が、その地に生きる人々にとって、生活のすべてなんだということが、この昔話から伝わってきました。
    ただ、本当に高い山の上で一晩裸でいたら、ちょっと凍傷とかになってしまいそうですよね〜。自分の将来のためとはいえ、なかなか勇気のいる賭けでしたね。
    「アルハ」の勇気に乾杯!です。

    また、佐野昌子さんのイラストがなかなか個性的で、好みでした。

    投稿日:2009/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット