オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

ふくろうのそめものや自信を持っておすすめしたい みんなの声

ふくろうのそめものや 作:松谷 みよ子
絵:和歌山 静子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1991年
ISBN:9784494001156
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,571
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • どこか懐かしい感じがする

    どこか懐かしいイラストとストーリー。
    色の使い方も小さな子でもわかりやすくはっきりしていて素朴な感じのお話で短いですが、その中に、様々な教訓も含まれていて、考えさせられる絵本だと思います。

    真っ黒なカラス、もとは白かったのにどうして黒くなったのか?
    というルーツを探っているのですが、どこかカラスは悪者の様に感じてしまうところが否めないところはありますが、そこも昔からある絵本の良さではないかと思います。

    投稿日:2018/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園でもやったよ

    この本の題名を言ってあげたとき、「この本幼稚園でも読んでる!」って言ってました。内容とか、読む前に結構説明してくれました。子供の暗記力ってすごい!!からすが真っ黒にされてかわいそうって言ってました。

    投稿日:2011/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実験をやっぱりしたくなりますよ

     思い出の一冊です。
     
     コラージュなのかしら?
     みやまかけすもしじゅうからも美しい。
     かわせみなんて本当に綺麗です。
     まっしろなからすが羨むのも解ります。

     ふくろうの染物屋さんにかけこんで、からすも染めてもらうのですが、…。
     
     黄色に染められて、「サツマイモみたいだ」というからすの言葉に笑います。

     青い色を載せたら、緑色になるのをお子さんは解るでしょうか?
     絵の具で実験したくなりますね。

     からすが怒るのも解るような気がする染物屋さんのセンスです(笑)。
     でも、温厚なイメージのふくろうさんをかっとさせるほど、からすは騒いだんでしょうね。

     でもでも、いけませんよ、ふくろうさん。
     それはあんまりですよ〜(笑)。

     最後を読むと、実験をやっぱりしたくなりますよ。

    投稿日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくできたお話ですね

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子7歳

    以前、同じ本を読んだことがあるなあと思ったら、同タイトルで松谷さんの分は初めてでした。
    こちらの作品も、とってもとってもよくできてるなあと思います。カラスの色がどうして黒なのかが、納得できるように筋道立てて説明してあります。いろいろな色を混ぜて、最終的には黒になってしまうということがわかるのもよいと思いますね。
    きれいな色をした鳥や、カラフルな鳥、世の中には、すてきな鳥がいっぱいいるのに、なんだかカラスがかわいそう!と思ったりもしましたが、カラスが黒じゃなかったら何色?って聞かれると、やぱり黒しかないなあという結論でおさまってしまいます。黒がいちばん似合ってるのかも!って思うことにしました。
    はっきりした色あいで、見た目にもさわやかです。文と絵のそれぞれが余計なものをそぎ落とした形でくっきりしていて、まさによい絵本の王道をいっているなあという感がありました。

    投稿日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワガママ言いすぎはダメよ

    カラスがわがまま言い過ぎて真っ黒になってしまうお話です。
    白いカラスが他の鳥達の色に憧れる気持ちって何だかわかるような気がします。
    白だってステキなのに、他の色のがステキな気がしちゃうんですよね。
    まだ娘は他の人のモノのがいいと言うことは言いませんが、
    これからだんだん他と比較することが出てくるかもしれません。
    教訓的なものも含まれる絵本ですがそれをあまり感じさせず
    小さな子にも考えさせるだけの仕上がりになっていると思いました。

    投稿日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • からすはしろかったんだよ

    からすは、むかしむかしはね・・・しろかったんだよ・・・
    でもね わがままいってそめものやさんのふくろうさんを おこらせてしまって まっくろになってしまったんだよ
    ふくろうさんは からすさんがこわいのかなあ?
    ひるまねてるもんねーーーー
     
    わがままいわないようにしようね。

    挿絵も、切りえみたいで、ほかのとりたちがきれいで、たのしめます。みやまかけすもきれいだなあ。
    かわせみも、キラキラしてほうせきみたいだよ。
    ふくろうさんもすてきだよ。

    でも、しろいからすも純白ですてきだったのにね・・・・・
    でも、くろいからすのイメージがあまりにも強いのでからすは、もうくろでいいよね? からすさんもうがまんしてね?

    やさしくうけとめれるのが、さすが、松谷みよ子と和歌山静子名コンビです。孫にはまだ理解できないですが、挿絵だけでもたのしめれるのでいっしょにとのしんでいます。

    投稿日:2008/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真っ黒になる前は

    カラスがなぜ、あんなに真っ黒になってしまったのがわかる、おもしろいお話です。
    それぞれのページの色が、しぶくて奥深いです。日本の色、という感じです。ふくろうのそめものやでは、草木染めの染料を使っていたのでしょうね。

    真っ黒になる前の、いろいろな模様をつけられたカラスがおかしかったです。
    シンプルな絵ですが、カラスのまゆげをみるだけで、カラスの気持ちが伝わってきます。

    投稿日:2008/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしいなぁ

    むかし、おばあちゃんから渡された本と記憶しています。なので、娘からしたら”大きいおばあちゃん”ですね。カラスがなぜ黒いのかこの本を渡されて何度も読んだ記憶があります。私も娘に読んであげられて、4代も引き継がれる絵本。素晴らしいです。それに、あんなに昔に読んだはずなのに、鮮明に覚えていました。それだけこの本は素晴らしいのだと思います。

    投稿日:2007/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • そめものやって分かるかなあ?

    • はらりさん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    現代の小さい子どもに「そめものや」という職業が分かるかなとはじめは不安でしたが、実際わが子に読んであげると案外すんなりとストーリーが頭の中に入っていったようです。色鮮やかな絵も分かりやすかったのかもしれません。カラスがワガママを言うときも楽しそうに見ていました。この本のおかげで町なかの染物屋さんにも興味を示すようになりました(親の方も気づきませんが、案外あるんですね)。

    投稿日:2007/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな話でした

    • わん!さん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    小さい時母が買ったチャイクロという本の中にあった話の一つでした。すごく気に入って何度も何度も読んでもらった覚えがあります。真っ白なカラスがおしゃれで、何度も塗ってもらっている内に真っ黒になってしまった・・・気の毒なふくろうはカラスを恐れ、夜に出るようになってしまった。面白い発想ですが、小さい時は本当にふくろうをかわいそうと同情した物です。最近似たような話で人気が出ているのもありますが、やっぱりオリジナルのこの話が一番だと思います!

    投稿日:2006/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット