ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

おばあさんのすぷーんなかなかよいと思う みんなの声

おばあさんのすぷーん 作:神沢 利子
絵:富山 妙子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1970年7月1日
ISBN:9784834002386
評価スコア 4.26
評価ランキング 14,835
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • スプーンの大冒険

    とてもリズミカルな絵本です。
    カラスに取られたおばあさんのスプーンが、ねずみたちのおかげでおばあさんのところに戻ってくるまで、文もコロコロ転がるように読んでしまいました。
    富山さんの絵は、ちょっと重いように思うのですが、いかがでしょうか。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて読みました!

    おはなし会で
    読み聞かせボランティアの講師をなさった
    男性の先生が
    読んでくださいました

    私この絵本知らなかったのです
    絵本ナビさんでは
    1970年7月発行になっていますが
    1969年12月1日発行の絵本を
    図書館から借りてきましたよ

    絵が、ちょっと苦手な感じで
    自ら手に取りませんでした
    でも、神沢利子さんの作品だし
    全国学校図書館協議会選定図書と
    記されています

    こどもたちは
    集中して聞いていました

    おばあさんのひとりの食事って
    なんか淋しそうだな

    とか

    えっ!?小川で食器を洗うの?

    とか

    私はすぐに引っかかってしまいますが(^^ゞ

    3匹のネズミがスプーンに写る姿の場面や
    リズミカルな擬態語
    そして、スプーンをそりにしちゃう!
    おもしろそう
    って、おはなしの世界に引きこまれるのでした

    やっぱり、ロングセラー作品だけあります

    掲載日:2014/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • スプーン

    おばあさんの大切にしている、スプーンのお話です。
    カラスに取られたということで、やっぱりカラスは光る物が好きなんですね。
    めぐりめぐって、おばあさんの元へ返ってくるので、ひと安心しました。
    リズムのある文章なので、読んでいて面白いと思いました。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 銀のスプーンが欲しいな

    つい最近、ずうっと欲しいと思っていた木のスプーンを
    手に入れたので、なんだかうれしくこの絵本を読みました。
    でもきっとこの物語に登場するスプーンは銀のスプーンですよね。
    銀のスプーンも欲しいな♪おばあさんと同じようにきちんと
    磨いて使うから欲しいな。
    スプーンをそり代わりにして遊ぶねずみ達の様子が微笑ましいです。
    小さな生き物だったらこんな風にしてスプーンでいろいろ楽しむ
    ことができそうでいいですね。この場面が一番楽しかったらしく
    笑っていました。

    私はスプーンをそりにすることはできませんが、自分の顔をためしに
    うつしてみました。
    ほんとだ!掬う方に映してみるとさかさまに見えます。
    不思議だなあ。
    ひとりでこっそりやったので(笑)、娘にも後で教えてあげようと
    思います。

    掲載日:2013/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙のおばあさんの目の描き方が気に入ったのでこの絵本を選びました。背景のピンク色がピッタリとお婆さんの雰囲気に合っているので気に入りました。御婆さんが優しい人物だったからこのスプーンが手元に戻ってきたのだと思いました。ネズミ達もとても愉快で読んでいて引き込まれていきました。優しい気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地味だけどいい絵本

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    地味な印象の絵本ですが、何となく題名に引かれて手にとってみました。
    山の中に一人で住んでいるおばあさん。
    そのおばあさんがスープを飲むときに使うのは、大事にしているピカピカのスプーン。
    ところがある日、そのスプーンをカラスに持っていかれてしまいます。
    大事なスプーンなのに、かわいそうなおばあさん・・・。
    心配そうにお話を聞いていた娘も、ラストのページににっこり。窓から覗いて悔しそうにしているカラスの様子をおもしろがっていました。
    リズムのある文章とほのぼのするハッピーエンドで、気持ちよく読める絵本です。

    掲載日:2009/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラスに感謝?

    • はなたま*さん
    • 30代
    • ママ
    • 長崎県
    • 女の子8歳、女の子6歳

    古いすぷーんをいつもピカピカに磨いて大事に使っているおばあさん。
    ひとつの物を大事にする心が感じられ、そういう心を持つことの大切さを教えられます。

    ある日、カラスに盗まれたおばあさんのすぷーん。
    それを偶然みつけたねずみたちが、こわごわのぞき込んで実物と違ってうつる自分の姿におどろいたり、そりにしてやんちゃに遊ぶ姿が子供のようにかわいくて楽しませてくれます。

    すぷーんのそりに乗ったねずみたちがついたところは、おばあさんの家。
    戻ってきたすぷーんでねずみたちと一緒に楽しそうにスープを飲んでるおばあさんの顔と最初のページでひとり寂しげにスープを飲んでいたおばあさんの顔が対照的で、事件を起こしてくれたカラスに感謝かな?と思いました。

    掲載日:2009/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前々から気になっていました

    おばあさんのようにカラスに取られたりすることはないですが、家の中で物がなくなることはありますよね。

    その物たちがこんな風に遊んで戻ってきているとしたら、楽しいだろうと思いました。

    表紙の感じからどんなお話かなあと前々から気になっていました。

    ほのぼのとしたお話でいいですね。

    掲載日:2009/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な存在

    唄うようなリズムのある文体で、
    おばあさんのすぷーんの行方を追いかけます。

    ねずみのそりになったすぷーん、
    実は、おうちに帰りたくて、すべっていったのかも…
    だってすぷーんにとって、おばあさんは、たったひとりのおばあさん。
    おばあさんにとって、すぷーんはたったひとつの、すぷーん。いわば相棒なのです。

    ひとつの存在の大切さに、ていねいに生きていこうと思えるお話でした。

    3匹のねずみたちのやりとりが、ちょっぴりまぬけで面白いです。

    掲載日:2007/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達ができてよかった

    1人暮らしのおばあさんの宝物のスプーン。
    ところが、カラスにとられ、その後、ねずみに渡り、ねずみからおばあさんの手に。
    スプーンをのぞいて、スプーンにうつった自分の顔に驚き、楽しむねずみたちがとてもかわいいです。
    そして、大切なスプーンがもどってきた以上に、1人ぼっちのおばあさんに、新しい友達が出来たのがよかった。
    お年寄りが1人ぼっちで食事するなんて、あまりにも寂しいから...

    掲載日:2007/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット