まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

紙芝居 きつねのつかい自信を持っておすすめしたい みんなの声

紙芝居 きつねのつかい 脚本:泉 啓子
絵:篠崎 三朗
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1994年05月
ISBN:9784494077793
評価スコア 4.2
評価ランキング 19,663
みんなの声 総数 4
「紙芝居 きつねのつかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 篠崎三郎さんのきつねの子がとっても可愛いです。
    特に9場面で、彼的にうまくお使いが出来て、「へへんっ」って感じになっているシーンは表情といいしぐさといい、子どもらしくていいなと思いました。
    その後、10・11場面でついつい油をなめ切ってしまうシーンも、月明かりを背景にきつねの子が油をなめていく動きがリズミカルで楽しいものでした。
    原作が新見南吉なので、最後まで、情の温かさが前面に出ているように思いました。

    投稿日:2019/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無事が一番

    元気なキツネの子が、行灯用の油を買いに町に出かけます。
    子どもに化けてスリル満点の紙芝居。
    どこかで失敗してしまうのではないかと、見てる方もハラハラドキドキするのですが、予想外の展開にあきれたり、笑ったり、子どもの反応が面白い紙芝居です。
    でも、何はなくても子どもの無事を祈る母親の気持ちが、伝わってきました。

    投稿日:2019/09/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット