新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ

紙芝居 なぞなぞむこどんなかなかよいと思う みんなの声

紙芝居 なぞなぞむこどん 脚本:佐藤 義則
絵:久米宏一
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1980年09月
ISBN:9784494075126
評価スコア 4
評価ランキング 24,907
みんなの声 総数 3
「紙芝居 なぞなぞむこどん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なぞなぞよりも昔話

    なぞなぞの紙芝居を探していてみつけた作品です。
    方言と、物語の展開は幼児向けではないので、なぞなぞにこだわらなくても良かったように思います。
    若者に出されたなぞなぞを三度も助けてくれたのは、お嫁さん。
    お嫁さんも若者が好きだったのですね。

    投稿日:2018/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど

    息子を持つママとしてはたまらなく大事にしてますが、

    それと同様、娘を持つパパもやっぱり大事なんでしょうね・・。

    それを知ってか知らずか、逆手にとって、

    子どもが有利になるなんて、参りました。

    子どもを支配したつもりが、実は子供に泳がされていた。

    それもいわば本望なんですけどね。

    このお話は、娘を大事に思う父親と、

    父をうまくコントロールする娘のお話、だと思います。

    投稿日:2014/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット