新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
なんでもレストラン

なんでもレストラン(文溪堂)

いらっしゃいませ!なにが食べたいですか?次々出てくる料理に、読んでいるだけでお腹が空いてくる絵本

  • かわいい
  • ためしよみ

ないしょのおともだち」 その他の方の声

ないしょのおともだち 作:ビバリー・ドノフリオ
絵:バーバラ・マクリントック
訳:福本 友美子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784593505074
評価スコア 4.77
評価ランキング 599
みんなの声 総数 89
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すてきなおともだち

    女の子の大好きがつまっている!と思いました。
    絵がすてきだし、お話に夢があります。
    自分の家にこんなおともだちがいたら…と考えずにはいられません。

    女の子数人によみきかせしました。
    絵の隅々まで見て、いろんな発見をし(特に、ネズミの家は家具も工夫されていておもしろい!)、女の子とネズミの友情が、母から娘につながっていくお話の展開に目を輝かせていました。

    ないしょなのに、お母さんと娘が同じことを経験してるって、なんかいいなぁ…気持ちが受け継がれていくっていうのでしょうか。

    「この先、ないしょはないしょのままなのかな。」「お母さんたち同士も再会したりしないかな。」
    読み終わったあとも、いろいろ想像して話してました。楽しかったです。

    投稿日:2010/11/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • お気に入り第1位

    とってもとっても素敵な絵本です。
    買ってきたその日に何度も読みました。
    わざとフォークやスプーン、本を落とした際に、手を振り合う子供なところがたまらなく愛おしいです。
    お話も夢があって大好きな内容ですし、絵がまた可愛い!!
    隅々まで見て楽しめる絵本です。

    お気に入り第1位になりました。

    投稿日:2010/09/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • ないしょのおともだちの正体は?

    ネズミの視点から、人間の視点からと
    二つの世界を楽しむことができる一冊。

    ネズミ一家の部屋には、ビンの蓋など
    人間がつかっているさまざまなものが活用されていて
    それを、探すのがとても楽しいです。

    次の世代へと、つながってゆく
    人間とネズミの関係。

    「人間だって動物だって、なかよく暮らしていこう」という気持ちが
    込められているような気がしました。

    自分たち、二人だけの秘密なんて
    子供のころに、かかわらず大人だって
    こんなことがあったなら
    わくわくして仕方がないはず。

    投稿日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話のつながりが嬉しい

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    ナビのレビューを見てぜひぜひ読んでみたくて図書館で借りてきました
    予想通り、絵も繊細で色が美しく、ねずみの家族との対照的な描き方が読んでいてもわかりやすくて良かったです
    フォークを落としてお互いが気がつくシーン・・・・読みながら、なにかすばらしい物語が始まる、とワクワクしました
    でもそこだけでは終わらなかったんです・・・・
    子供に引き継がれるなんてステキすぎます
    何も聞いていないはずなのに・・・・・女の子にはもってこいのお話です

    投稿日:2010/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 微笑ましいです。

    とってもかわいらしい絵本です。
    お腹にいる赤ちゃんと一緒に読んだのですが、絵もおはなしの内容もとてもかわいいです。

    このおはなしに出てくる主人公の娘のように、私が幼い頃に体験したワクワクドキドキすることをお腹の子も同じように体験して、母親になっていくのかなと思いました。
    絵も細かいので何度見てもワクワクする絵本ですよ。

    投稿日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 坦々と描かれる幸せ

    マリーとねずみの日々の生活を比較しながら、坦々と描かれているのですが、ねずみの生活がほぼ人間と同じような暮らしをしているのが、非常に面白いです。

    マリーの子の世代まで、ねずみとつながり、なにげない生活の幸せを感じることができました。

    ねずみの部屋などに置かれている、家具や置物がねずみだったらこれを使うであろうというものが描かれています。
    こういう細部の絵を探して比較するのも楽しいと思います!

    投稿日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ないしょのお友達?

    アメリカのお金持ちのおうちに住む家族と ねずみのお家のお話ですがねずみの家までお金もちなんですね、ただ 人間はねずみをばい菌だらけと嫌い
    ねずみは、人間はずるがしこいから 近寄らないようにとお互いに敬遠しているところがおもしろいです!

    子供のマリーとねずみは 同時に 同じように手を振って 友達になるところが楽しいですね! 
    作者の ねずみに対する思いが 伝わり楽しく絵本を読むことができました

    そして 成長していく歴史の流れまで描かれていて一人立ちしていくとという表現の仕方も おもしろくて、このように人間がねずみの事を考えれたら楽しいのですが・・・・

    なかなかそうはいかないのが お話ではこのように展開できるのですね
    最後の 「おやすみなさい!」と言い合うところが、子供ならではの楽しみ方ですね!

    こんな絵本は 初めてであったような気がします。

    投稿日:2010/06/10

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

みんなの声(89人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット