新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ

こすずめのぼうけん自信を持っておすすめしたい みんなの声

こすずめのぼうけん 作:ルース・エインズワース
絵:堀内 誠一
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:1977年4月1日
ISBN:9784834005264
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,799
みんなの声 総数 97
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

65件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 名著ですね

    保育園においてあったので手に取りました。
    とても素晴らしい内容で、自宅用に購入しました。
    こすずめを子供におきかえてみると、まさにそこには親子が浮かびます。
    こんな風に子供は冒険をして、でも親のもとにもどってきて。それを繰り返していずれは自立していくのかなあと。なんだか切なくなりますが、それも含めて素晴らしい絵本ですね。

    投稿日:2017/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 微笑ましいですね

    保育園から子どもが借りてきたので、一緒に読みました。初めて自分の羽で飛べた喜びから、ついつい飛びすぎて迷子になってしまったこすずめ。好奇心の旺盛さや、お母さんとはぐれてしまった不安感が、とても子供らしくてかわいらしく思えました。最後は無事にお母さんと出会えたので良かったです。

    投稿日:2017/01/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 良質な絵本

    絵がとても美しい上に、お話も子供のみならず大人も気になってしまう内容です。
    自分の限界が分からずに無茶をしてしまう経験は、子供の頃誰もが経験しているはず。
    「ぼく、あなたのなかまでしょうか」「ぼく、ちゅんちゅんってきりいえないんですが」と自分のお母さんに尋ねてしまうこすずめがとても可愛く、胸がキュンとなります。

    投稿日:2016/06/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもの冒険心

    小雀が初めて巣から飛び立ちます。
    お母さんの思いとは別に、小雀は飛べたよろこびと未知の世界への興味に、ひとり冒険旅行をしてしまいました。
    気がつくと帰り道が分からない。
    子育ての中で、親なら誰もが経験する不安を描いていて、あまり説教的に過ぎないところに共感しました。
    小雀は無事に帰れて良かったけれど、危険がいっぱいでしたよね。

    投稿日:2016/02/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気持ち入りすぎて同化。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    どこへでもパーッと一人で行ってしまう娘は、
    このこすずめちゃんと同じ性分なのかもしれません。

    飛べるようになったばっかりなのに、
    どこまでもどこまでも、遠くへ行ってしまったこすずめ。

    そのうち羽も疲れてしまって、
    休む場所を探すけれど、いろんな動物に断られて、
    なかなか、休むことができません。

    娘は、頑張って飛び続けるこすずめと同化。
    ページをめくっては、次に休める場所を絵の中で探し、
    それもだめだとまた飛んで、次のページでまた探す。
    その繰り返しで疲れたのか、
    最後に大きなすずめと出合った時は、
    「あっ!おかあさんだ!!!」

    絵本の中のすずめより、喜んでいました。

    そしてお母さんの羽に抱かれるこすずめをみて、
    本当にほっとして嬉しそうな娘の表情。

    全部読み終わった後に、
    「だから、リヤもね、勝手にぴゃーっと、遠くにいっちゃ、
    だめだよ。みんな、リヤが疲れても、
    家にいれてくれないよ?」

    と私が注意したのは、言うまでもありません。

    神妙な顔して頷いた娘でした。

    娘にとっては、気持ちを入れすぎて、
    ちょっと疲れてしまった一冊となったようです。
    それでも、はっとするような美しい自然の絵が印象的な、
    とっても素敵な一冊でした。

    投稿日:2014/09/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • どこまでも

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    飛べる練習をしていて
    思っていたよりうまく飛べたよ。
    何処までもいける〜!!!と、ママの心配もよそに
    ずんずん飛んでいくけれど・・

    やっぱり疲れちゃって
    休めるところを探すけどどこの巣も断られてしまいます。

    そんな時、ママが見つけてくれて
    ゆっくりママのお腹の中で眠る姿可愛いです。

    息子も気に入ったようで後日本屋で見つけて
    欲しいというので購入しました。

    投稿日:2014/05/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちゅん、ちゅん、ちゅん

    • ナミナミコさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子7歳、男の子5歳

    次男が三歳のころに、お気に入りだった絵本です。
    何度も出てくる「ぼく、ちゅん、ちゅん、ちゅんってきり、いえないんです。」という
    こすずめのセリフをなぜか気に入り、外ですずめを見かけるたびに、
    「ちゅん、ちゅん、ちゅんってきり、いえないんです。」と言っては笑っていました。
    それまで、散歩の途中でみかける鳥は、「とり」と大ざっぱにしか見ていなかった次男でしたが、この絵本をきっかけに、すずめ、からす、はとなど、とりにもいろいろいるのだとわかったようでした。
    飛べるようになったばかりのこすずめが、いろいろな鳥に出会い、こころぼそくなったときにお母さんが探し当ててくれるという、安心できる最後です。お母さんすずめの登場でそれまでの緊張感がほっと解けるところがとてもいいです。

    投稿日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • こすずめの冒険を応援したくなります。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    翼をぱたぱたさせることができるようになったこすずめに、お母さんすずめが飛び方を教え始めました。「もっと遠くまで飛んでいける」と思ったこすずめは羽をいよいよ速く動かして飛んでいきますが…。子どもの新しい世界への冒険心がくすぐられます。

    投稿日:2020/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外の世界は厳しい

    自分で飛べるようになったことが嬉しくて、一人で外の世界へ飛び立ったこすずめ。
    でも、次第に疲れてきて、羽が痛くなってしまいます。
    どこかで休もうとするのですが、仲間じゃないから、と誰からも断られてしまいます。
    途方にくれて声をかけたのは何とお母さんすずめでしたが、最初はお母さんとも気付かず喋っていたのが、かわいかったです。

    小1娘も最近、一人で出かけたがったり、色々なことを一人でやりたがったり。
    こすずめのように母の元へ帰るを繰り返しながらいつかは巣立っていくのかなと思うと、少し切なくなりました。

    投稿日:2020/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親元を離れた世界の厳しさ

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    初めて空を飛ぶ練習をしたこすずめが、おもしろくなってどんどん飛んでいってしまいます。
    疲れて、少し休ませてもらおうとしますが、仲間じゃないと断られ続けてしまい、親の元を離れた外の世界の厳しさにこすずめは疲れ果ててしまいます。
    子どもは、放っておくと先のことを考えずに、行動するのは人間も動物も同じですね。
    最後はお母さんすずめに会えて、無事に巣に帰ることが出来て安心しました。
    親としては、心配ですが、経験して成長していくものですね。
    我が家にもすずめが巣を作っていて、こすずめたちが、こうやって成長していくのかなぁと思いました。

    投稿日:2020/05/02

    参考になりました
    感謝
    0

65件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(97人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット