もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ほんちゃん」 パパの声

ほんちゃん 作・絵:スギヤマカナヨ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784033316802
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,966
みんなの声 総数 23
「ほんちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本は友だち

     これは「ほんのくにに すんでいる、ほんのこども」のお話。
     まだ子どもですから、中身はまっ白。
     将来どんな本になろうか、迷っている最中です。
     お父さんとお母さんは図書館にいます。お母さんは「ほんちゃん」に「りっぱなずかんに なりなさい」と薦めているようです。
     お兄さんたちは「りっぱなずかん」になって、本が好きな子どもの本棚に住んでいます。
     「ほんちゃん」の希望は、音がなったり画面が変わったりする「かっこいいほん」。
     でも、お母さんはそんな「ほんちゃん」のことを叱ります。
     さて、「ほんちゃん」はどんな本になるのかな。

     この絵本の中には、さまざまな本が出てきます。
     例えば、赤ちゃん用の絵本。よだれのあとや齧られたあとがいっぱいついている絵本。
     「ほんちゃん」はそんな絵本を見て大変だなと思うけど、「それが赤ちゃんに気に入られたしるし」と喜んでいます。
     年をとっているのは、りっぱな辞典じいさん。ほとんど使われることはないけど、それでも調べ物をされたりするとうれしい。
     有名な物語の本は親子三代にわたって読み継がれてきたことが自慢。
     ある日、やってきた古い絵本は、昔人間のお母さんが読んだことのある絵本だって。今、お母さんの小さな娘さんが喜んで読んでいる。

     本は誰ともでもつながる友だち。
     小さい頃のおもちゃがそうだったように、本も子どもの頃からずっと一緒だった友だちなんだ。
     たぶん、誰もが思い当たるはず、そんな友だちの顔が。
     この絵本を読んだ子どもたちが、本当の友だちとなる本を見つけられたらいいなあ。
     もちろん、この絵本もその候補。

     「ほんちゃん」は本屋さんの棚の中でそんな出会いを待っています。
     けれど、「ほんちゃん」の夢だった、音がなったり画面が変わったりする「かっこいいほん」は、今や電子書籍になって実現しましたね。
     もしかしたら、「ほんちゃん」は電子書籍になりたかったのでしょうか。
     いいえ、お父さんやお母さん、お兄さんたちのように人間のやさしい手でページをめくってもらえる、紙の本だったのではないでしょうか。
     だって、やっぱり友だちって、あったかいものだから。

    投稿日:2014/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット