宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ダットさんうみをはしるよいと思わない みんなの声

ダットさんうみをはしる 作・絵:こもり まこと
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784774610993
評価スコア 3.73
評価ランキング 36,906
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

よいと思わない みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意味不明

    4歳男児が図書館で借りてきました。
    本人と2歳男児は気に入ったようですが、母親の私にはよくわからない絵本でした。
    まず、文章に登場する車が、絵の中のどの車か分からない。
    また、独自の用語が説明されずに出てきて、意味が分からない。
    擬音だらけで、絵本というより漫画です。
    すいかを投げて爆弾にする敵に対して、主人公もすいかを打ち上げて花火にしますが、なぜ食べ物を大切にしないのでしょうか。
    誤植もあるし、こんなレベルの絵本が出版されていることが信じられません。
    絵はそこまでひどくないので、絵を見て子供たちといろいろな想像をめぐらせていますが、ストーリーがお粗末すぎて私には楽しくありません。

    投稿日:2018/05/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / きょうはなんのひ? / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / どうぶつサーカスはじまるよ / バナナじけん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(25人)

絵本の評価(3.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット