話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

ぐぎがさんとふへほさん」 せんせいの声

ぐぎがさんとふへほさん 作:岸田 衿子
絵:にしむら あつこ
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784834024449
評価スコア 4.46
評価ランキング 9,374
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 言葉遊び

    にしむらあつこさんのイラストが好きで手にとって読んだ絵本です。

    角ばっているぐぎがさんと、丸みを帯びたふへほさんが、それぞれの言葉で会話するお話です。

    正反対とも思える2人ですが、仲良しなんだなぁと思わせてくれる絵本でした。
    自分に持っていないものが相手にあるからこそ、魅力的に見えるんだと思いました。

    最後に“うみ”の歌を2人が唄うのですが、とっても面白い歌詞になっていてオススメです☆

    投稿日:2009/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日、こどもたちに「ぐぎがさんがいいーーー」と言われる程、読んでいます。
    ありえないことが子どもたちにとって、とてもおもしろいらしくぐぎがさんがベッドに寝ると重くて落ちて床に寝てしまうとかふへほさんの焼くホットケーキを見て「おいしそー」「一緒に浮かんでたべたーい」など。。。
    何よりも一番、楽しいところは海にいって「うみ」の歌をうたう場面。ぐぎが語とふへほ語で歌うのです。
    毎日、うたっているのでこどもたちも覚えました。
    その場面になるとワクワク。。。
    「さーんはいっ」の掛け声で一緒に歌っています。
    そしてもうひとつ、一緒にいるねこが歌う「うみ」のうた。
    大笑いして歌います。
    そのあとにみんなで「ぐがげー(あのねー)」などぐぎが語とふへほ語で話し、ごっこ遊びを楽しんでいます。
    【事務局注:このレビューは、「ぐぎがさんとふへほさん」 こどものとも年中向き 2003年5月号
    に寄せられたものです。】

    投稿日:2003/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット