しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

花をかう日自信を持っておすすめしたい パパの声

花をかう日 作:あまん きみこ
絵:味戸 ケイコ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年06月
ISBN:9784591061084
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,331
みんなの声 総数 6
「花をかう日」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい パパの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 目が見えないということはどういうことなんだろう。
    突然視力を失った姉の世界が自分には解らない。
    仲良く遊んだ姉が、見えない世界で一人座っている。
    その姉の前で泣き出してしまったことが、妹にはとても重い悲しみとして残っていました。
    姉の心を傷つけてしまった。
    そう思うと、姉のために何かしてあげたいと思うようになったのでしょう。

    お姉さんの誕生日に買った花を選んだのは、色ではなく、形ではなく、匂い。
    とても繊細な心配りに、妹の姉を思う気持ちが強く感じられました。

    その妹の前を姉が歩いていきます。
    盲導犬が来てから、自分を取り戻そうとしてる姉。
    姉への気配りは、姉を見守ること。

    身障者への思いがこのような形で描かれることに、とても感動しました。
    不自由であっても手を出すのではなく、その人のことをわかってあげなければ。
    自立支援…。
    堅苦しい言葉よりも、妹の行動がすべてを語っています。

    投稿日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おっきょちゃんとかっぱ / ウエズレーの国

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット