話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

いちにちおもちゃ」 せんせいの声

いちにちおもちゃ 作:ふくべ あきひろ
絵:かわしまななえ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年07月08日
ISBN:9784569689692
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,552
みんなの声 総数 72
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大爆笑間違えなし!

     我が子、そして保育園でも大人気の「いちにちシリーズ」。そんな中でも大爆笑間違えなしなのがこの「いちにちおもちゃ」です。

     ユーモアに溢れている絵で、身近なおもちゃの動きに「そんな動きするの?」と笑ってしまいます。
     
     そしてさんざんおもちゃの動きに笑った後、、最後はお片づけをするというオチの場面になぜかシュールさを感じます。

    投稿日:2017/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大ウケ間違い無し!

    5歳児の担任をしております。

    NAVERまとめサイトで話題になっていたこの本。
    数ページ掲載されていて「これは面白そう!」とすぐ購入しました。

    主人公の男の子がおもやになっただけでもう爆笑。
    なのに、おもちゃになって色々な動きをしたらもう爆笑の海でした。

    いま話題になっている本でもあり
    「せんせい、それおうちにあるよ!いちにちぶんぼうぐもおもしろいよ!」
    「え?ぶんぼうぐもあるの??読みたい!」

    と、子どもたちの声に押され、全シリーズ買ってしまいました(笑)

    5冊の中では、一番単純で「おもちゃ」というテーマが子どもの身近にあるので
    ウケがよかったと思います。

    5歳児には間違いなくウケます!ぜひ読んでみてください!!!

    投稿日:2015/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大爆笑

    大人は大爆笑、子どもはドキドキハラハラの、とてもおもしろい絵本です。
    おもちゃって、実は大変なんですね。
    自分がおもちゃになるという発想がなかったので、予想外のことがたくさん起こって、飽きることのない絵本でした。
    カスタネットのところが、大人にはおもしろいのですが、子どもはすこし怖かったようです。

    投稿日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ち

    男の子が1日おもちゃになって、おもちゃの気分を味わうお話です。

    クレヨンになって、顔がグニャ〜ンと曲がってみたり、四苦八苦する姿がユーモアたっぷりに描かれていて、面白いなぁと思いました。

    一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    投稿日:2010/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

全ページためしよみ
年齢別絵本セット