新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

新刊
2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜

2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜(学研)

箱を開けたらすぐできる!数量限定DX版♪SNSキャンペーンも開催中!

  • 学べる
  • ギフト

セレスティーヌ アーネストとの出会い 」 ママの声

セレスティーヌ  アーネストとの出会い 作・絵:ガブリエル・バンサン
訳:森 比左志
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\2,400+税
発行日:1988年04月
ISBN:9784892389498
評価スコア 3.83
評価ランキング 38,800
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もう一度シリーズで読んでみたくなりました。

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    以前、このシリーズを読んだことがありますが、
    あまりに昔で忘れてしまいました。
    子どもたちも覚えてはいなかったのですが
    この絵本を読み、もう一度シリーズで読んでみたくなりました。

    ほとんど字がなく、
    デッサンでお話が進んでいくのですが、
    病院の場面などアーネストのセレスティーヌへの愛情が
    痛いほど伝わってきて、
    血はつながっていなくても
    親以上の親だなと感じました。

    投稿日:2020/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ない

    セレスティーヌとアーネストの出会いが描かれていると知って購入しました。

    まず、出会いから悲しい。
    そうゆう出会いだったの!?っと・・・

    セレスティーヌが病気になり病院で心配いらないと言われたのに、何も喉が通らなくなってしまったアーネストの姿、胸が締め付けられました。

    子供が病気になったら心配で何も手に付かなくなる気持ち、痛いほど分かります。

    アーネストは誰がなんと言おうとセレスティーヌのお父さんです!血のつながりだとかそんなことはどうだっていい、深い愛が確かに感じられました。

    深いテーマなので子供への読み聞かせには向かないかと思います、小さい子のいるお父さんお母さんに向いている絵本かと思います。

    投稿日:2016/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • デッサンがすばらしい

    • 苺ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    ガブリエルさんの絵本は

    独自の世界観を強く感じます。

    しかし、気取らず、大人が
    なんとなくページを開きたくなるような
    そんな絵本なきがします。

    この本を読んで
    赤ちゃんが誕生した家族に
    少したった時に(ここが微妙)
    プレゼントと絵本としても良いのではないかなと
    感じました。


    とても大切に大切にセレスティーヌを
    育てるアーネストに共感がもてます。

    表情、動作が生きている素晴らしいデッサンです。

    投稿日:2010/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんと!171ページの大作です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    1ページ1ページの文章は、ほとんどそのページの絵を説明するだけの一言、短いのですが、絵本自体は171ぺージもありました!!

    びっくりです。こんな長い絵本は初めて見ました。というより、ここまでくると絵童話といった感じでしょうか?(画が主体の)ガブリエル・バンサンの場合「絵」という表記より「画」という方がずっとしっくりするのはなぜでしょう。

    そもそも、シリーズの別の作品を先に読んでいて、アーネストとセレスティーヌはいったいどんな関係なんだ。と、気になっていたので、出会い編という子の作品を図書館で探してきました。

    意外でした。セレスティーヌはアーネストが拾って、赤ちゃんの時から育てていたんですね〜。
    子どもたちはお話そのものよりも、入院したセレスティーヌがなかなかアーネストのところに戻ってこれないのは、なぜなのか、気にしていました。

    この絵本は先にも書いたように、大変個性的な作品なので、お子さんに読んであげるなら、絵本慣れ、またはお話慣れしてからの方がいいような気がします。
    どちらかというと、中学生以上〜大人向けの作品ではないでしょうか。

    投稿日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ともだちや / からすのパンやさん / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / うしろにいるのだあれ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット