新刊
ぱんつさん

ぱんつさん(ポプラ社)

ずぼずぼずぼっとあらわれた、ぱんつさん。いっちに、いっちに、たいそうをはじめるけど…。想像を超える展開がクセになる本。

話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

アーサーといもうと」 ママの声

アーサーといもうと 作・絵:リリアン・ホーバン
訳:光吉 夏弥
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1979年12月
ISBN:9784579400911
評価スコア 4
評価ランキング 24,643
みんなの声 総数 3
「アーサーといもうと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 兄弟

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    リリアン・ホーバンといえば、
    「フランシス」シリーズのイメージが強かったのですが、
    このシリーズもお薦めされていたので読んでみました。

    兄弟がいると、大変だけれど、
    やっぱり楽しいことも倍になるし、いいですね。

    うちの息子たちも、
    毎日喧嘩したかと思えば、
    次の瞬間にはケラケラと笑いあい、
    一日を思いっきり楽しんでいます。

    投稿日:2020/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄妹がいる楽しさ

    光吉夏弥さん訳の本ということで見つけて読みました。

    ほのぼのとした兄妹の関係のお話です。

    妹のバイオレットの読む本が「こぐまのくまくん」だったので驚きました。

    アーサーが持っている本が「キングコング」で、ひと昔前だったら子どもでもわかると思いますが、息子は知らないので、さらっと流していました。

    息子はアーサーが好きなスーパーコミックを売りに行く理由がよくわからないようでした。

    最後のエピソードはほのぼのとしていて、兄妹がいる楽しさが伝わってきました。

    投稿日:2009/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット