話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

子ブタシープピッグ」 ママの声

子ブタシープピッグ 作:ディック・キング=スミス
絵:メアリー・レイナー
訳:木原 悦子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1991年11月
ISBN:9784566012455
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,112
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 映画「ベイブ」の原作

    映画「ベイブ」の原作と知って、読みたいと思いました。
    映画もとても面白かったですが、お話も楽しく読めました。
    ベイブがシープピッグを夢見て、羊たちに礼儀正しく、丁寧に接しているところがいいです。
    羊がきちんと整列して歩いているところが想像できました。
    動物好きな子に、特にオススメのお話です。

    投稿日:2021/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • よりこの話が好きに

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    映画「ベイブ」原作ということで、
    本としてもお勧めされていたので読んでみました。

    小学生のころ、「ベイブ」が好きで、
    何度も繰り返し見ました。
    だから、読んでいても場面が浮かび上がり、
    ベイブの声が聞こえてくるようでした。

    しかし、本にはやはり心情が描写され、
    ベイブの賢さや優しさがよくわかり、
    まわりの動物や人間の感情もわかり、
    よりこの話が好きになりました。

    投稿日:2019/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 映画も見たくなりました

    「ベイブ」の原作本だそうですが、「ベイブ」は見たことがなく、読み終わってどんな風に映像化されているのか見たくなりました。

    名古屋市立図書館の三・四年生のお勧めリストに載っていたことで読みました。

    デッイク・キング・スミス「かしこいブタのロリポップ」も書いていますが、ブタにとても愛情を持っているんでしょうね。読みながらそのことが伝わってくるようでした。

    読んでいて、クルーク(羊飼いが持つ杖)という英語読みのカタカナとカッコ書きの日本語の意味が何回も出てくるのが気になりました。

    というのも、牧羊犬という文化を持たない日本人にとって馴染みのない言葉がいくつか出てくるので、この説明書きは仕方がないことなんでしょうね。

    原書は読んでいませんが、日本語に翻訳するのに苦労があったのかもしれないと思いました。

    うちの場合読み聞かせしてしまったので、この表記が気になったのですが、黙読なら気にならないかもしれません。

    息子にとっては馴染みのないことが多かったので、いろいろと説明しながらの読み聞かせとなりました。

    息子には映画を見てからの読み聞かせの方が映像が頭に描きやすかったかもしれないと思いました。

    食べられるしかない運命の子ブタが、シープドックとして成長していく姿はとても応援したくなりました。

    ブタや羊のことに詳しくないとこんな風には書けないでしょうね。

    投稿日:2010/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット