話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

ともだちのしるしだよ」 その他の方の声

ともだちのしるしだよ 作:カレン・リン・ウィリアムズ
絵:カードラ・モハメッド
訳:ダグ・チェイカ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784265810529
評価スコア 4.79
評価ランキング 432
みんなの声 総数 23
「ともだちのしるしだよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 課題図書として

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    平和な日本にいて、難民が身近に感じない子供(大人)たちも多い中で、どれだけの方がこの二人の少女の心に寄り添えることができただろう・・・
    片方のサンダルは「ともだちのしるし」として、また再開の約束としてそれぞれが持つ場面では、どうか願いがかなうように願わずには居られませんでした

    他国の子供たちと比べて、日本の子供たちは幸せとは言い切ることはできませんが、せめて世界の中ではこうした状況下にいる子供たちが多く存在することを、大人を含めて知ることが大切だと感じます

    投稿日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難民の人々の悲しみ

    パキスタンのペシャワーのお話です
    アフガニスタンでは、戦争が今もなお続き、たくさんの人々は、殺されたり、住む家を無くして、難民となり 他の国へ避難しているのです。

    難民キャンプに住む リナという少女は、救援物資の中から 黄色のサンダルを片方だけもらえたのです。(2年も靴を履いてない、なんて今の日本の生活からは考えられない事ですが・・・・・)

    アフガニスタンからペシャワールに逃げてくるときに靴がぼろぼろになるほどあるいたのです。
    もう片方のサンダルをはいた 女の子は、フェローザ  お父さんのお母さんの死んでしまって弟二人とおばあちゃんとくらしているのです

    二人の少女の 友情は このサンダルが結びつけてくれました

    しかし リナは、アメリカに避難する日が決まったのです。
    二人のわかれのとき サンダルをリナはフェローザに渡しましたが・・・・フェローザは、リナに片方を渡して、「友達の印だよ」とわたすのです。
    なんという 悲しい別れでしょう。
    でも 二人の友情は、このサンダルなのです。
    二人がいつの日か会えることができたらいいな〜

    世界中の国ではまだ戦争をしている国があります。
    家族で 楽しく暮らして 学校へ行って学べる日本は 幸せです。
    でも 日本の中でも、幸せに暮らせない人がたくさんいます。(なんだか 悲しいですね)

    戦争は無いのですが・・・・ 人間は、生まれて生きていく中でいろんな事に出会います。 幸せに暮らしていく為に日々努力しているのですが・・・

    やはり 戦争だけはしてはいけないと思います。 彼女たちの国もはたく家族が幸せに暮らせる日を願って・・・・・

    投稿日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられました

    課題図書に選定されていたので、この本に出会えました。

    子供たちは、同じ地球上で起きている事とは思えないだろうなあと思いながら読みました。いや、大人だって世界で起きていることをニュースで知っているだけで、大差ないかもしれません。

    難民キャンプで不安な毎日を過ごしている二人の少女 リナとフェローザ。もう二年も靴を履いていない二人が一足のサンダルを片方ずつ見つけたことから出会い、そのサンダルが友情の証となります。
    二人が別れる時もそれぞれ片方ずつ持っていようと決めます。履き物としてのサンダル以上の意味をこのサンダルは持っているのですね。


    ひとりでも多くの人にこの絵本を読んでもらい、今の自分たちがどれだけ恵まれているか、そして同じ人間として、世界で起きていることに目をつぶっていてはいけないと強く思いました。子供たちにも何か感じてもらい、考えてもらいたいと思いました。

    投稿日:2010/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット