ともだちのしるしだよなかなかよいと思う みんなの声

ともだちのしるしだよ 作:カレン・リン・ウィリアムズ
絵:カードラ・モハメッド
訳:ダグ・チェイカ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784265810529
評価スコア 4.79
評価ランキング 432
みんなの声 総数 23
「ともだちのしるしだよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 難民キャンプでの友情

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    難民キャンプで暮らす少女たちの友情のお話。
    片方ずつのサンダルからはじまった友情。
    いいお話ですね。
    こうした難民キャンプのことを聞いたのはこどもは初めてだったかな?
    しっかりと聞いてくれて、自分1人でも読み返していたようでよかったです。
    また大きくなってから考えることがあるかな。

    投稿日:2018/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色んなことが学べる絵本

    中古書店を訪れて、ふと目にした絵本です。
    日本語訳は小林葵さんという方です。

    難民キャンプでの生活や事情
    そこで育まれた友情
    友達をお互いに「どうぞ」と気遣う気持ち
    共通の思い出の品=サンダルを、
    お互いの強い友情の印・形見として誓いあう気持ち。

    年齢が進むごとに、
    読み方が違ってくる絵本だなと思い
    子どもたちはまだ5歳と2歳ですが、購入しました。

    投稿日:2017/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • パキスタンかぁ……

    難民キャンプの話と知り読んだ私と、タイトルに共感を覚えて読んだ娘です。

    パキスタンといえば友達がおり、身につまされるような話を聞きました。そしてパキスタンの人々がどんなに優しく素晴らしい人たちなのかということも、向こうで結婚し出来た子どもを連れて帰ってきた席で聞きました。
    その子どもの一挙一動は、うちの子の小さな時となにひとつ変わらず、子どもは万国共通なんだなぁとしみーじみ感じたことを思い出しながら、読みました。

    今の日本の10歳で、同じように行動する子がどれだけいるだろうかと考えました。
    欲しかったから、それも生活の為でなく遊ぶ為という理由で盗んだり殺したりする国で、この話は伝わるのだろうか。
    果たしてうちの子が同い年になった時、どうだろう。
    そんなことを考えながら読みました。

    娘は意外に真剣に読んでいました。そして難民キャンプのことなど質問されました。
    ですが、深い感想はなく、まぁまぁとのことでした。
    話の内容のわりにこの評価は、娘にしては興味を惹いたのだなぁとは思いました。
    友達との関りが変わってくる高学年からでしょうね。

    投稿日:2010/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット