おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

パパ、お月さまとって!」 パパの声

パパ、お月さまとって! 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1986年12月
ISBN:9784033282800
評価スコア 4.77
評価ランキング 533
みんなの声 総数 301
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 娘を持つパパ必読絵本

    娘の素朴な、そしてどう考えても不可能なお願い。
    でもパパは想像を超えた手段であっさりお月さまにたどり着き、お月さまを連れて帰ります。
    うーん、すごい。お月さまもとっても寛大。
    しかも大きく広がるこの絵本は子どもにとって相当インパクトがあるらしく、しばらくの間お月さまを見ると「パパ、とって!とって!」と本気でせがんできました。
    おえかきでも、山を描いて、はしごを描いて、丸(お月さま)を描いて、はしごを登ってるパパを描いて、「パパ、とって、がんばって」って言うんです。
    娘はわりと多くの絵本を読んでいますが、この作品は特別な一冊。
    パパも今のところこの絵本が一番好きです。

    投稿日:2003/03/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子供が大好きな1冊

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    うちの子は、1歳のころから、この絵本をとても気に入っています。
    長いハシゴや大きな月を広げて見るのが大変すきなようで、いつも『読んで』とせがみにきます。
    月齢が低いうちは自分でしかけを広げることができず手伝っていましたが、最近では自分でぱっと開くことができるようになりました。
    子供の成長を感じる1冊でもあります。

    投稿日:2013/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父と娘のための本

    • みくのパパさん
    • 30代
    • パパ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    妻がパパが読んであげると良いと言って買ってきた絵本です。
    「お月様とって」という娘のお願いを見事に叶えてしまうパパ。自分もそうですが、父親は娘に弱いものです。娘はかわいくて、何でも叶えてやりたいと思う。もちろん同じことはできませんが、娘を高く持ち上げて、お月様を取る真似ごっこはできます。

    投稿日:2012/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お取り寄せ

    この本はエリックさんの作品でとても気になっていたのですが、書店になかったのでわざわざ取り寄せてもらった作品です。子供のためにお月さまを取ろうと奮闘するパパが微笑ましいです。そして沢山の仕掛け。あちらにもこちらにも開くようになっていて面白い。ですが、ちょっと開けるのが大変だったり、やぶけてしまったりするので注意が必要です。でも丸い大きなおつきさまがダイナミックで見ていて楽しいです。最後どんどん小さくなって月の満ち欠けが見れるのも良いです。

    投稿日:2010/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最高に好きです・・!

    まだ早いかなぁ〜??と思いながらも、
    本屋で「長いはしご」を見た瞬間、「買わなきゃ」と決めていました。
    案の定、セロテープの修繕が必要になりましたが、
    ダイナミックな表現には1歳児も父親も大満足。
    仕掛け絵本の楽しさに1歳児、興奮!
    さらっとでかいことをやってくれちゃう「パパ」に父親、感嘆!
    こんな素敵な絵本、なかなかありません。

    投稿日:2009/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウィットにとんだお父さんの技

    娘から、「お月さまをとって」と頼まれて、お父さんは本当に月を取ってきました。

    ありえない、ありえないと思いながら、なんだか心許せる絵本です。
    ありえない話がこんなに楽しいお話になったら、お父さん大好きになってしまいます。

    長い梯子、大きな月を表現するために、この絵本も上下、左右と大活躍。

    子どもの飛んでもない願い事をつぶしてしまうのではなく、ウィットにとんだ解決を試みること。
    それが難しければ、こんな絵本を見つけてイマジネーションの世界で子どもと会話すること。
    お父さんのための本ですね。

    「はらぺこあおむし」を始めとして、エリック・カールは子どもの心をつかむ名人だと思いました。

    投稿日:2009/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘の笑顔

    娘を持つパパ必読の絵本とのことで、はらぺこあおむしの次に買ったエリックカールさんの絵本。
    パパの気持ちでじっくり読むと、なんだか泣けてくるくらい娘を想う気持ちに感動しました。
    実際2歳直前のベイビーズ♀に読んであげると、でっかい満月お月様のページでの弾ける笑顔っていったら!。いやぁ、買って良かった。
    でも、上下に展開するながーいハシゴのページでは、やっぱりビリビリやっちゃいました。早速メンディングテープで修繕したけど、これもきっと良い思い出絵本になるのかもしれませんね。
    絵本の意味がわかるくらいの年齢まで読み続けられればいいなって思っています。

    投稿日:2009/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の夢を叶える!

    • ギネスさん
    • 20代
    • パパ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳、男の子4歳

    先ほど、家で子供と3人で読みました。
    まず、月を取れるストーリーに感動でした。
    子供は本当に取れると信じています。
    「パパ、取ってきてあげようか〜?」と5歳の娘に聞いたら
    「大きいハシゴないでしょ。」って言われました。
    子供の夢、わがまま、できる限り付き合えるように
    頑張ろうと思いました。

    投稿日:2008/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仕掛け絵本の傑作

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    原題は、「Papa Please Get the Moon for Me」

    娘のサースティンが3歳か4歳のとき、窓から夜空のお月さまを見つけると、こう言ったのです。
    「パパ、あのお月さまとって!」
    次の日、月の本をいくつか描いてみました。
    ところで最近、28の娘からこんな手紙を受け取りました。
    「ここのところ、毎日とても憂鬱なのでパパの月の本のスケッチを見ていました。
    するとあの長いはしごを、私の気持ちがどんどん昇っていってね・・・今ではどても気分爽快です。」
    それで私は、訪ねてきた出版社の人に相談し、それを沢山の娘たちに見てもらえる絵本にしたのです。

    月の絵本が生まれた秘密として、エリック=カールが巻末に書いた文章です。
    父娘の写真もありますが、本当に素敵な関係ですよね。
    こうして生まれた絵本ですから、素晴らしくないはずがありません。

    仕掛け絵本なのですが、その仕掛けたるや、半端ではありません。
    特に、パパがはしごを担ぐ場面と月と会話する場面は、正に仕掛け絵本の醍醐味というべきもの。
    破れる位に読まされることでしょう。
    実際に、図書館にあったこの絵本はボロボロでした。

    そして、月の満ち欠けを利用したお話も、心に響くものがあります。
    是非、パパにそれも2歳くらいになったら、読み聞かせして欲しい一冊です。
    2歳というのがポイントで、遅すぎたらパパがヒーローになりそこねてしまうかも知れません。
    プレゼントにも最高の絵本だと思います。

    投稿日:2008/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月さまとってごっこ

    買ってから毎日読んでます。
    なんでもまねっこが好きなので、
    モニカみたいにみつあみしてからはじまり、
    色紙でいろんな形や色のお月さまを作って、
    とってとってや抱っこしたり投げたり…
    お月さまとってごっこが最近の日課です。

    投稿日:2007/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット