宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぽんたのじどうはんばいき」 じいじ・ばあばの声

ぽんたのじどうはんばいき 作:加藤 ますみ
絵:水野 二郎
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1984年
ISBN:9784893251954
評価スコア 4.78
評価ランキング 459
みんなの声 総数 39
「ぽんたのじどうはんばいき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいいお話です

    おかねをいろいろなものに変えてくれる自動販売機がとっても気に入ってしまったポンタは、森にもどると、自分で自動販売機を作って置くと
    後ろに隠れました。
    すごいですね。
    葉っぱを入れて、お願いすると、こーろころと、出てくる自動販売機です。
    お客さんが大喜びするのを見て、ポンタもとっても嬉しかったのですが
    最後にやってきたお客さんは、お友達がほしい、タヌキの女の子でした。
    明日から休業です。

    投稿日:2016/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おともだち

    たぬきのおんなのこの願い「お友達がほしい!」の願いにぽんたが、おともだちになってあげるのが、一番よかったなあと思いました。ぽんたにとっても、たぬきのおんなのこにとっても「ぽんたのじどうはんばいき」のおかげで、おともだちをつくることが出来て本当によかったと思いました。

    投稿日:2016/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット