なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
まことあつさん 30代・ママ

本を読む醍醐味
なぞなぞ遊びが好きな息子たち。 しか…

ちか100かいだてのいえなかなかよいと思う みんなの声

ちか100かいだてのいえ 作:いわい としお
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784033316604
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,088
みんなの声 総数 104
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

32件見つかりました

  • じっくりながめる

    久しぶりの注射を頑張った日の帰り、
    「アイスクリームと絵本どっちがいい?」と聞くと「絵本」!
    直後、しまったアイスの方が安かった…と思ったのですが(笑)
    約束通り、絵本コーナーにて4歳の娘が選んだのが
    こちらの絵本でした。

    もうひらがなが読める子ですが
    やはり初めのページは「ながいからよんで〜」と。
    しかし、その後はぐいぐいと一人で読み進め…というより
    じっくりじっくり絵の中の小さな場面を楽しんでいるようでした。

    ちょうど夕飯の支度をしていた時でしたので…
    40分程は無言のまま、絵本をながめていました。

    夜、帰宅した夫にも報告がてら絵本をみせつつ
    「読んで!」とお願いしていたのですが
    そのときはどのページだったか、なにか怖い生き物がいたようで(笑)
    夫の背中のうしろに隠れていました。
    ちなみに夫もこちらの絵本をよく本屋さんでみていたので
    「おおお!とうとう買ったの!」と嬉しそうでした。

    絵が、少しイラスト調なのは私の好みではないのですが
    それを含めても、とても楽しめる絵本だなと思います。

    投稿日:2012/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 細かいところまでよく書いてあります

    正直言ってこの絵本を最初に読んだ時はどうも好きになれなくて
    『100かいだてのいえ』の方がずっとよかったな・・・と思っていました。
    本当の動物や虫たちの生活とかけ離れた様子が描かれていたことや、火山のふもとに住んでいることが不自然だと思ったからです。

    けれど、子どもに何度となく読まされ、読み続けていくうちに、とても細かいところまで丁寧に書いてあって、その細かい絵にきちんとストーリーがあるところが素敵だなと思いました。

    くうちゃんが亀のおばあちゃんの甲羅を洗っているとき、温泉が出ないように栓がしてある事に息子が気が付き驚きました。
    こんなところまで見ているなんて・・・

    大人の目から見ると「動物たちの嘘の様子が描かれている」などと思ってしまいがちですが、子どもはすんなり受け入れており、絵本の世界を楽しんでいました。
    自分は頭が固かったなと反省。

    子どもはそういった世界に気軽に出入りできるのだなぁと思いました。
    読み聞かせの方が子供たちが細かい絵をじっくり見れると思うので、読み聞かせをお勧めします。

    投稿日:2012/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地面の下はおもしろい。

    • たっこんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子5歳、男の子3歳、

    数をかぞえるのを覚えた我が家の3歳児は
    何度も何度も数字を読みながらページをめくる日が続きました。
    数字の表を見る感覚なのかな・・・
    おかげで、100まですらすら言えるようになってます

    もちろん内容もおもしろいです。
    絵もかわいく、工夫がたくさんです。
    100歳のかめのおばあさんにはびっくりしました^^;
    地面の下がほんとに面白いので行ってみたいな〜と親子で行く方法を考えています^^。

    投稿日:2012/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り

    地下100階には誰が住んでいるのかな?娘と楽しみながら読めました。途中ででてくる動物たちもかわいいです。何度読んでも飽きないえほんでした。

    投稿日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    大人気の「100かいだてのいえ」にはすっかり乗り遅れて、まだ読んでいないんですが、地下バージョンが先に借りられたので読んでみました。
    地下は・・・私の苦手な生き物がいっぱいですね(苦笑)ちょっと直視できませんでした。
    でも隅々まで見るといろんなものが隠れていそうで面白いのは確かです。大きいだけあるし、見ごたえあります。
    子供たちも「次の階には・・・」と、わくわくしながらページをめくっていました。
    大人は、「こんな地下深く、危ないわ」なんて現実的に考えてしまう節がありますが(笑)、絵本らしい、夢あふれるお話ですね。

    投稿日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆっくり絵を楽しむのがおすすめ♪

    • よしの770さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳、女の子1歳

    長男と長女に読み聞かせしました。
    『100かいだてのいえ』と同じく、本当に楽しい絵で、
    読んでいる私も、じっくり絵に見入りたくなります。
    小さな子も、絵だけでも十分楽しめると思います。

    ストーリー展開は、個人的には『100かいだてのいえ』を凌ぐダイナミックなものだと思います。

    投稿日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地下の秘密の家

     100階建ての家の次は,地下100階建ての家。同じ100階建てでも,地下にもぐっていく方が,何故かわくわくします。

     地下の家も10階ずつ違う住人が住んでいます。地下に住んでいるのは,モグラだけかと思っていましたが,楽しい動物たちがいっぱい!
     どの動物も,それぞれ仕事を持っていて,生きている所が,「住んでいる」という実感を感じさせます。

     家の中も面白いのですが,家の外(地中)にも,宝石があったり,恐竜の骨があったりで,本当に楽しめます。
     地下100階から,どうやって地上に帰るのかなと思っていたら,なるほど!そういう事かと納得しました。
     親子で,じっくり読んで楽しめる絵本です。

    投稿日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こうきましたか〜

    100かいだてのいえに続いて「ちか100かい」が
    出たと聞いて驚きました。

    子供と知恵を絞って考えても
    「虫、例えばアリ、セミの幼虫、それからモグラ、
    恐竜の化石。。。」それぐらいしか思いつきませんでした。
    「それだと後が続かないよね後は石油?マグマ?マントル?
    それだと地層で生き物じゃないよね。宝石掘ってる採掘士さんと
    ばったり会う?」等々粘ってそこまで。。。

    本を開いてみてビックリ「そうか!ウサギも穴掘ってた!
    動物なら他にもアルマジロとか、プレーリードックとか
    いた!!!」と本をきっかけに地中をすみかにする動物も
    ぽんぽん出てきました!まさに目からウロコ!

    今回は主人公が女の子と言うことで、娘は大喜び。
    より身近に感じることが出来たようです。

    投稿日:2011/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供はお気に入り!私はちょっと・・・

    『100かいだてのいえ』の続編です。

    『10かいだてのいえ』が大好きな息子。
    『ちか100かいだてのいえ』にももちろん飛びつきました。

    ちかの話だから想像はしていたものの・・・

    だんごむしやら、とかげやら、
    出てくるキャラが虫ばっかりで、
    ちょっと私は苦手・・・ううぅ〜。

    でも息子は大満足!
    特にお気に入りはモグラのページです!

    ストーリーとは全然関係ないけど、
    最初のクゥちゃんのお風呂シーン、
    窓が透明で、外から丸見えだけどいいんだろうかと思っちゃった・・・。

    投稿日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイムリー?

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    書店で平積みされているこのシリーズ、息子は好きみたいです。

    ちょうど読み聞かせした日にチリ鉱山の救出をテレビでやっており、
    不謹慎かもしれませんが、どちらも深い深い地下の世界で偶然でした。
    地下のたくさんのお部屋の様子が細かく描いてあり、息子は
    じっくり見てました。
    だんご虫さんのボーリングとか、ナルホド〜って楽しいですね。
    木の根っこが棚になってたりね。

    私も子どものころ、地下に穴を掘って基地を作るんだ!なんて
    掘ってたこともあるので、息子のワクワクもわかる気がしました。

    チリのニュースを見ながら、この絵本のようにボーンっと簡単に
    出てこられたらいいのに・・・なんて思ってしまいましたが、
    絵本もニュースもハッピーエンドでよかったです。

    投稿日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット