宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ちか100かいだてのいえ」 その他の方の声

ちか100かいだてのいえ 作:いわい としお
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784033316604
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,014
みんなの声 総数 104
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵をしっかり見るとおもしろいです

    たてばんの本はめずらしいと思いました。

    絵をしっかり見るとおもしろいです。

    おもしろいのでおとうさんにも、教えてあげました。

    ちかにはなにがすんでいるんだろうと思いました。

    おもしろかったです。

    投稿日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • わくわく

    とても人気があるシリーズ絵本だと知り、初めて読みました。
    ほんとに100かいだ!と、縦開きのページにおどろきつつ、ページをめくっていくのは大人でもわくわくします。細かいところまで描かれているのも楽しいですね。他の巻も読んでみたいと思います。

    投稿日:2018/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 100かいだてのいえは 読まずに ちか100だてのいえに興味を持ちました。

    地下に住む生き物に興味があったのです。

    おふろ だいすきな クウちゃんが 「ちか100かいのパーティーに招待されます。」

    元気な女の子のクウちゃんのこと 一人で出かけます。
    うさぎさんは きれいずき 
    あらいぐまのママは 洗濯大好き 絵も一つ一つ見ていると楽しめるんです
    子供なら 私より 目を輝かせて見つめるだろうなと思いながら見ていました!
    (感性が 豊かな)子供にお奨め!!

    私が 行ってみたいのは ダンゴムシさんの家 おもしろそう!

    むしたちの 生活感が うまく表現されていて おもしろい!
    アリさんは なんと ケーキ作り それにおしゃれなドレス

    ほんと クウちゃんには似合ってないね・・・・・

    かめのおばあさん100さいの誕生日のお祝いのパーティーなんだね

    みんなでお祝いしてあげるんだ やさしい!

    それにしても 100才のおばあちゃんかめさん すごい元気!

    こんな元気な 100才なら 生きていても 楽しいよね!
    亀は 万年とは 言いますけれどね!

    なかなかおもしろい絵本でした  一人でじっくり読むのが 良いかな

    作者は 子供たちと 絵本作りして子供の絵を描いてもらったんですね
    きっとおもしろい 絵本になったでしょうね 

    他の絵本も楽しみにしています!

    投稿日:2010/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜のところは圧巻!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    今、とても人気絵本なので、図書館ではリクエスト待ちです
    やっと順番が回ってきて、わくわくしながら表紙を開きました
    前作の100だてのいえの時も、縦開きの絵本として紹介して、興味をもたれたお母さんもいましたので、こんかいは地下へ・・・
    ストーリーそのものは簡単で分かりやすいので、読み聞かせしやすいと思います
    ページをめくっていく楽しみと、恐竜のほねの使い方が、縦開きの絵本ならではの、迫力がありました
    次の方がお待ちのようなので、早々に返却しました

    投稿日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温泉はいりたいなぁ

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

    100かいだてのいえが面白かったので引き続きちか100かいだての家を読んでみました。
    子供がよく遊ぶだんごむしとかせみの幼虫とか身近なものを10かいごとに置いているので喜んで見ていました。最初はうさぎさんで次は何かな〜と次のページを少しずらして、次の動物のしっぽとかちょろりと出して、当ててもらうゲーム感覚で楽しみました。
    そして最後のページでそれぞれのページで事前に作って用意していたものがところどころに見えるので、7色の宝石はどこで誰かつくっていた?とか100の黄金は?とか聞いて、クイズみたいに遊んでいました。幼稚園にあがるころに買ってあげたらより喜ぶと思います。

    投稿日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット