くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ちか100かいだてのいえふつうだと思う みんなの声

ちか100かいだてのいえ 作:いわい としお
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784033316604
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,975
みんなの声 総数 104
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちかよりはそらに上って欲しい

    「100かいだてのいえ」と同時期に読みました。個人的に、空に上っていくのは気持ちが良くていいね!って読めるし、地下はちょっと無理があるような気がします。地下でこの生活は無理じゃない!?と現実的な考えが頭をよぎります(笑)
    娘は迷路のように階段を下って楽しそうに読んでいましたが、「100かいだてのいえ」と同様、ストーリー性はあまりないので、一度読んで満足したようでした。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと面倒くさい(笑)

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    地下1階から100階まで10階ごとに1ページで進んで行きます。なので、1ページずつが結構細かい。働いていたり、家事をしていたり、おふろに入っていたり、寝てたり・・・それを、いちいち1階ずつ「これ何してるん?」とか「にんじんのジュース飲んでるなぁ」とか、確認しながら読み進める娘。はっきりいって結構面倒くさい絵本です。ある意味、凝りすぎている感じがあります。しかも、それほどストーリーは凝っていないんですよね。私は個人的にはこの絵本をリクエストされたら、できれば別の絵本を・・・と思ってしまいます。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 集中力持たず…

    100かいだてのいえが好きだったので、図書館で読んだのですが…欲しがれば買おうと思ったのですが…途中からあまり聞いてる感じではなく、珍しく最後まで聞き終わらずに立ち上がりました。最初の地上100階建てはあれだけ楽しんでたのに…何だかまどろっこしくなっちゃったみたいです。最後のカメのおばあさんのところまで辿り着けず。また日を置いて再チャレンジしてみます。
    3歳って気まぐれだなあ。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット