おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

めっちゃくちゃのおおさわぎなかなかよいと思う みんなの声

めっちゃくちゃのおおさわぎ 作:コルネイ・チュコフスキー
絵:フランチェスカ・ヤールブソヴァ
訳:田中 潔
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784033481302
評価スコア 4.29
評価ランキング 15,566
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほんとめっちゃくちゃ

    なにがなんだか、とにかくめっちゃくちゃなお話でした。

    それぞれの鳴き方を違うし、空を飛べないものも

    飛んでたり、小さい子なら、あれっ?

    なんか変だな?って思うと思います。

    7歳ともなれば、そこがおもしろいところだと

    わかってくれるので、楽しんでいました。

    終わり方も、スーッと終わった感じでした。

    投稿日:2016/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • にぎやか大好き

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    『ブレーメンの音楽隊』の最後のステージの延長にいるような、明るく、楽しい、にぎやかな絵本です。
    歌を歌うように軽やかに読みながらページを進めていくと、楽しいページに引き込まれていった。
    『めちゃくちゃのおおさわぎ』・・・その余韻で眠りについた時間でした。

    投稿日:2011/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • そのものであること

    無秩序な世界を元に戻したのはちょうちょうの小さな羽根
    つまりそのものがそのものであることなのだなと思いました。
    途中の文章で金子みすずの詩を思い出しました。

    息子にはかなりかみくだいて読みましたが、動物たちが勝手に違う動物の声で鳴きだすことが楽しいようでした。

    投稿日:2010/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット