あなたがだいすき あなたがだいすき あなたがだいすきの試し読みができます!
作・絵: 鈴木 まもる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大切な人を想う気持ちが、あたたかいイラストと優しい文章で伝わる絵本。愛すること、愛されることの素晴らしさを感じます。

ぶたのたね」 その他の方の声

ぶたのたね 作:佐々木 マキ
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年10月
ISBN:9784871101127
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 176
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 笑いたい時に

    タイトルから気になっていたのに、佐々木マキさんの絵本なのに、何故か、読み忘れていた絵本。
    やっと読んでみれば、……これは、笑える!
    走るのがおそいオオカミも、沢山のぶたが木にぶらさがっているところも、笑うところがいろいろありすぎて(笑)
    早速、つづきを読みたいと思います。

    投稿日:2016/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶたよりも走るのがおそいおおかみ 
    いつもは おおかみは怖い存在でも 三匹のこぶたでも 赤ずきんのおおかみでも 結末はあわれです
    威張っているおおかみなら、いいんですが 
    このおおかみは、少々かわいそうになるのは 母心でしょうか?
    笑えるけれども・・・ ここまでまぬけなんで・・・
    ぶたのたねを開発した、きつねはかせもわらえます
    それにしても ふんだりけったりのおおかみが なんだかかわいそうになりました
    笑えるけれども・・・・おおかみの立場になれば やさいと木の実しか食べてないなんて おおかみじゃないじゃん
    ぶたにはわるいけれども ぶたのまるやきたべさせてあげて!

    投稿日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみさんがんばって

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪10歳

    昔、小さい頃トムとジェリーというアニメがありました。トムが猫でジェリーがねずみです。普通猫の方が強いはずなのですが、なぜかジェリーの方が強いのです。小さいときはジェリーを応援していましたが、大きくなってひどい目にばかりあっているトムを応援するようになりました。
    ぶたのたねも、すばやいぶたに逃げられるおおかみの話です。おおかみには物語の表情というかそういうものがあるのですが、逃げるぶた、そして樹になるぶたは全部同じ顔して同じように逃げて、表情がなくて、何か不気味な感じを受けます。おおかみののろさには笑えますが、ぶたは表情がなく怖いです。

    投稿日:2011/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみ、可哀想?

    「三匹のこぶた」で慣れ親しんできた三匹のこぶたとおおかみ。
    おおかみの気持ちを取り上げているところがおもしろい。
    種をまいて、ぶたがたくさん実っているのも奇想天外で、
    子どもたちはもちろんですが、大人も楽しめます。
    読めば読むほど、おおかみの気持ちに同情していくようで、
    「食べられないのは、可哀想」なんて思ってしまう。

    続編「また ぶたのたね」が出ているので必読ですよ。

    投稿日:2009/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文句なしに笑える

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    2〜3歳以上だったら、大人までも笑えるお話です
    ブタを食べたくて、きつね博士に頼んだら、出てきたものは「ぶたのたね」
    ブタが木に鈴なりに実る様は、それだけで面白いです
    それにしてもぞうの運動会なんて、タイミング悪い・・・
    ブタが熟して木から落ちてくる様子がまた無表情で面白い
    ついつい読み手も噴出してしまいますね!
    せっかく残ったブタも逃げられてしまって、オオカミ君ほんとうに気の毒でした
    次は必ず成功してねと願わずにはいられません

    投稿日:2008/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!それだけでいい

    • コルクさん
    • 20代
    • その他の方
    • 埼玉県

    走るのが遅いオオカミの話。
    どれだけ遅いかって、ブタより遅い。つまり追いつけない。
    つまりブタを食べたことがない。
    なのでこれまで野菜と木の実しか食べたことがない。
    オオカミって肉食じゃん!死んじゃう、死んじゃう。
    出だしからかなりおもしろいです。
    そこでキツネ博士から、ぶたの木の種をもらいます。
    でも都合悪く、木にぶたがなった日はゾウ達のマラソン大会!
    実ったぶたはボトボトと落ちて逃げてしまった。
    このときのオオカミの表情は最高ですね!
    おまけに、唯一残ったぶたにも逃げられてしまい、自分のしっぽは焼けてしまう。
    そして今度こそはと、再び種を植える・・・

    なんだかギャグマンガを見ているようです。
    本来恐いはずのオオカミが、四苦八苦している様子は笑ってしまいます。
    好感すら持てますね。
    ラクして利益を得ようとするなんて甘いんですよ。
    ってことを言いたかったのかなぁ。とか考えてしまいますが、すぐに理由や意味を付けたがるのは、大人の悪いところですね。
    この絵本は教訓なんか忘れて、単純に楽しむべきだと思います☆

    投稿日:2006/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑えます

    絵本紹介のパンフレットで、「ぶたが木にぶらさがっている」この絵本のさし絵を見てから、ずーと読みたかったんです。とっても気になってました。念願叶って読めた後は、本当に面白かったな〜。笑えます。他にはないユーモアセンスが、この絵本では生きています。

    投稿日:2006/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もりのなか / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット