虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

もぐらのムックリ」 その他の方の声

もぐらのムックリ 作:舟崎 克彦
絵:黒井 健
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年2月
ISBN:9784893256126
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,303
みんなの声 総数 16
「もぐらのムックリ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しい季節の始まり

    • ひとときさん
    • 30代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 女の子10歳、女の子3歳

    もぐらのムックリが「ぼくはムックリ、もぐらのムックリ、はるもムックリめをさます」と歌いながら、冬眠している友だちを起こしにいきます。

    とにかく、黒井健さんの動物の絵が一番好きです。
    とてもやわらかな線であたたかい動物達を描いています。

    ムックリの歌がゴロもあって覚えやすい。
    次女は数回で覚えて、一緒に歌っていました。

    最後に「春の足音」とあります。
    これがなんだろう・・・? と時間を少しおいて読むとまた楽しい絵本です。

    投稿日:2006/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ほんとうの春になりました」

    「春がきたら 起こしてね」と友達に頼まれていたモグラのムックリ。冬眠しているお友達のところへ歌いながら出かけます。カエル、とかげ、カメの家へ・・・。
      「起きて、もう春だよ!」
    でも最後に訪ねたヘビだけは、なかなか起きてくれません 
     「まだ、春じゃないよ。春がくるときは足音がするもんだ」
    そこへ、ズシーン、ズシンと・・・。この音は、なに?

     黒井さんらしいふんわりベールのかかったような絵が、春らしさをよく表していて、暖かな春の日差しを感じます。登場する生き物たちの表情はとても穏やか。読み手も聞き手もやさしい気持ちに包まれます。描かれている小道具も楽しいです。

    最後のページ、「ともだちがみんな目を覚ましたので、森は本当の春になりました」このフレーズ、活きてます!!

    投稿日:2004/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット