新刊
あなたがだいすき

あなたがだいすき(ポプラ社)

大切な人を想う気持ちが、あたたかいイラストと優しい文章で伝わる絵本。愛すること、愛されることの素晴らしさを感じます。

  • ためしよみ
話題
魔女がいっぱい

魔女がいっぱい(評論社)

この冬話題の映画「魔女がいっぱい」の原作本です!

  • びっくり
  • その他

水曜日の本屋さん自信を持っておすすめしたい みんなの声

水曜日の本屋さん 作:シルヴィ・ネーマン
絵:オリヴィエ・タレック
訳:平岡 敦
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784895726979
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,695
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 文章表現が素敵!!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    女の子とおじいさんは水曜日に本屋で出くわします。
    おじいさんはいつも決まって戦争の本を読んでいます。
    ある日その本が売れてしまったと聞いて

    「おじいさんは、大きな袋をしょわされたように背中をまるめた」

    そしてその本が
    おじいさんへのクリスマスプレゼントだったとわかった時

    「おじいさんは軽々と包みをかかえて帰っていった」

    こういう表現で人物の気持ちを
    表しているところがとても気に入っています。

    投稿日:2010/10/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 世界中が微笑んだ、クリスマスストーリー

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    クリスマスの頃、本屋さんでの少女と老紳士の静かな交流を描いた作品です。
    フランスでは水曜日は学校がお休みなんですって。
    ということで、毎水曜日本屋さんにやってくる少女は、
    いつも居合わせる老紳士に気付きます。
    彼が読むのは分厚い戦争の本。
    絵本の方が面白いのに、といぶかる少女の視点がほほえましいです。
    クリスマスらしいラストは、とてもほっこりとした余韻です。
    さりげなく描かれた、老紳士の過去が想像できます。
    そして、こんなにも立ち読みに寛容な本屋さんというのも驚きですね。
    どちらかというと、大人向けの作品ともいえると思います。

    投稿日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 娘のために書かれた 絵本です

    水曜日が学校がおやすみ。
    本好きの女の子は本屋さんへ通いました
    その時 本を読んでいた  おじいさんの様子を じっと見ていたのです

    おじいさんが読んでいたのは 分厚い本で 戦争の本だったのです
    おじいさんは 時には 涙ぐみながら・・・・

    もうすぐ冬休みで クリスマスの飾り付けが本屋さんもされていました

    クリスマス前 おじいさんが読んでいた本が本屋さんからなくなっていたんです・・・・

    マルヌの戦い(第一次世界大戦の フランス軍とドイツ軍の戦いのだったのです)
    私は知りませんでしたので  調べてみました

    戦争は 本当に いつの時代でも 悲しく いやです!!

    おじいさんが読んでいた本には マルタ戦争のことが書かれていたのですね

    ラスト本屋のお姉さんは その本を自分が買って おじいさんに
    クリスマスプレゼントしたのです

    なんて優しい お姉さん!
    なんだか 涙しました

    お姉さんの 思いやりの心に!
    お話はもちろん 絵も効果的でした!

    投稿日:2020/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  •  本にもやはり読む時期というのはあるだろう。
     例えば、ディケンズの『クリスマス・キャロル』はクリスマスの頃に読むのがベストのように。
     絵本の場合は特に季節感が出やすいので、読む時期は強く出る。
     本屋さんや図書館に行くと、その季節に合った絵本が前面に飾られている。
     この一見季節感のないタイトルのこの絵本も実はその内容はとても季節感を持っている。
     それはクリスマス。
     この絵本はとっても素敵なクリスマスの贈り物のお話なのだ。
     (それを知らずにタイトルに惹かれて読んだのですが)

     学校が休みの水曜日、女の子はいつも本屋さんに行く。
     そして、そこで必ずおじいさんに会う。
     おじいさんはいつも分厚い本をじっくり読んでいる。それは昔の戦争の本だけど、いつもそれを読んで、時には涙をこぼしたりして いる。
     けれど、おじいさんはそんな本を買うことはない。いつも少しずつ読むだけ。
     ところが、クリスマスまであと三日、おじいさんのあの本が本屋さんの棚から消えてしまう。
     本屋のおねえさんが、クリスマスのプレゼントに売れたと教えてくれた時の。おじいさんの寂しそうな背中。
     でも、そんなおじいさんにおねえさんが差しだしたのは、クリスマスのプレゼント。
     その中身について、この絵本では何も書いていないが、きっと誰もがわかるはず。
     これは、そんな素敵なクリスマスの絵本だ。

     それを知らずに読んだ私だが、本屋さんは水曜日やクリスマスに限らず、いつもほっこりしていると思っている。

    投稿日:2020/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本がつなげた絆

    このお話は、一見の本屋さんを舞台に、女の子とおじさん、それから本屋さんのきずなを描いたお話でした。女の子がおじいさんの事をいつも気にかけている姿もステキでしたし、私が特に感動したのが、本屋さんの粋なはからい!おじいさんが本が欲しくて買わないのをしっていて、クリスマスにプレゼントしていました。とっても感動しました。

    投稿日:2013/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい表現

    小さな女の子の目線で、物語が進んでいきます。
    その文章のすばらしいこと!
    「悲しい」とか「うれしい」といった、感情を直接表現する言葉はないのに、人物の心の動きがよく伝わってきました。

    わたしはクリスマスってきくと、たくさんのお星さまが目にうかぶ。
    でもおじいさんは、大きな袋をしょわされたように背中をまるめた。

    この文章などは、傑作と思えます。

    まるで映画のような絵も、素敵な世界を作っています。

    投稿日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな時間が流れている

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    本屋さんという空間で、本を通しての人と人との出会いに、静かながらも心あたたまる時間が流れているのを感じました。
    本屋さんって、本を買いたくて行くこともあれば、ただ読みたくてという場合もあるし、ときには、どんな本をどんな人が手にしてるのか見たくてという場合もありますね。本との出会い、人との出会いがあるとっておきの場所であることを、あらためて確信しました。
    人生の終わりにさしかかっているおじいさんのたたずまいや少ないながらも重みのあることばに、じーんとしてしまいます。人生をふりかえりつつ、それでも新たな人とのふれあいを求めてやってくるおじいさんに、ずっと長生きしてねって、話しかけたくなりました。
    感動します。ぜひ、読んでみてください。

    投稿日:2010/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し違和感があるだけにすばらしさ大きく

    読み返してみて、少し違和感も覚えたのです。
    本屋さんで本を読み続けるおじいさん。
    水曜日の学校が休みの私。
    しかし、原題にある「librairie」は図書館ではなくて本屋さん。
    国の違いかと思ったのですが、多くの象徴性がある上でのお話として受け取りました。

    この絵本の文句をいうような書き出しですが、違和感を覚えただけにこの絵本は素晴らしく印象が残ります。
    水曜日に本屋さんを訪れるおじいさんは長い戦争の本を読み続けています。
    そして時には涙ぐみます。
    この本はまだまだ長くて読み切れないとおじいさんは言います。
    この本、もしくはこの本に書かれた戦争がおじいさんにとってとても大切なのです。

    この本屋さんも素晴らしい。
    いすやお菓子を準備して、もうけにならないお客さんを受け入れます。
    そして、クリスマス。
    本屋さんは自分でその本を買い上げて、おじいさんにプレゼントします。
    そして、お店には顔を出してくださいねと伝えます。

    絵本の好きな少女はその中からいろんなことを学びます。
    素晴らしい人間関係、思いやり…。

    この本を象徴するバックヤードをもう少し理解できれば、さらにこの本の大きさが理解できるように思うのですが、今回は素直に感動を受け入れたいと思います。

    投稿日:2010/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本屋さんって素敵

    本好きの友達からすすめられて読みました。
    本好きがすすめるだけに間違いなかったー。うれしかったです。
    こんな本屋さんがあるのだったら私も通ってしまいそうです。
    しっとりしていて、静かで、人があんまりいなくて、落ち着いて
    本を読むことができそうで。
    ソファに座ってボンボンを食べながら・・。

    投稿日:2010/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なクリスマスプレゼント

    水曜日の学校のお休みにいつもの本屋さん出会うおじいさんと少女との

    交流に心優しくなれます。

    本屋さんで立ち読みするには、ちょっと気がひけるし店員さんもいい気

    がしてないと思ってました。

    気持ちよくおじいさんのことも受け入れたり、いつでも顔を見せて下さ

    いと心から言っている店員さんにびっくりしました。

    それどころか、いつもおじいさんが立ち読みしている「マルヌの戦いに

    ついての本」を店員さんがプレゼントしてくれたのです。

    「クリスマスプレゼントに!」心優しい店員さんのご好意に涙ぐんでし

    まいました。にっこり微笑んで、「でも、たまには顔を見せてください

    ね」とても癒されました。おじいさんの祖父は、マルヌの戦いに参加し

    ていたのでしょうか?なんだかそんなことまで気になってきた絵本です

    おじいさんのことを心配する少女の気持ちも温かくとても優しくなれる

    絵本でした。

    投稿日:2010/03/27

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット