どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

クリスマスのおかいもの」 ママの声

クリスマスのおかいもの 作:たしろ ちさと
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784061324121
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,336
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • クリスマスのワクワク感を凝縮した一冊

    これは買ってよかった!
    クリスマス前から毎日毎日繰り返し読んでやっても子供を飽きさせない素敵な絵本です。

    ストーリーは単純明快、仲良しのお友達同志クリスマスパーティーを開く為に町へ買い物へ行き、飾りつけをし、料理を作り、プレゼントを交換して……そして眠りにつく。ただそれだけです。オチはありません。

    しかし4人(動物ですが)のキャラクターそれぞれの個性を生かしたプレゼント選びの様子がほのぼのしてとても微笑ましいです。またそれぞれの特技もさりげなく描かれているんですね。

    アヒルのがあお君がオシャレな洋服屋で葛藤する様子が特にかわいらしくてらまらないです。

    商店街、食料品店、本屋、洋服屋、細部まで描写がとても凝っていて、クリスマス前のワクワク感を盛り上げてくれます。実際に自分もその世界で買い物しているような楽しさですね。

    そして!があお君のコーディネートや、くまごろうさんのコートのボタン、はなちゃんの靴下など、作者のファッションセンスが光っています。

    最後のページの4人のなんとも言えない至福の寝顔にとても癒されました。

    サンタクロースももちろん出てきますが、このささやかな登場のさせ方が個人的にミソでしたね。

    この絵本、子供達(?)のクリスマスなのに、その扱いから言ってクリスマス=サンタクロースではないんです。

    サンタクロースの存在を子供にどう説明するかそれぞれの家庭で様々な方針があるかと思いますし、賛否両論あったり、何が正解とはなかなか言えない問題だとは思います。ただ、私にはこの本のサンタクロースの扱いがこれまでの他のクリスマスの絵本より一番しっくりきました。

    否定はしないが、はじめからアテにしていない。あくまでおとぎ話のような存在だけど、もしかしたらどこかにいるのかも?という風な曖昧でささやかな扱いが我が家の方針と一致している気がしてより気に入りました。

    ※この本のサンタクロースの部分はあくまで個人的見解で、見る人によって意見は分かれると思います。

    投稿日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ”があお君”に注目してみて!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    うちにはこの絵本を喜んで聞いてくれる年頃の子どもはいませんが、
    クリスマス近い時期に3,4歳くらいから小学校低学年くらいの、
    可愛い絵が好きなお子さんにはもってこい。お薦めの1冊になりそうです。

    たしろさんのほんわかまるい輪郭のキャラクターの動物たちが可愛かったです。
    動物たちがお買いものした森の商店街は、ヨーロッパの商店街っぽくて石畳がいい感じに素敵でした。
    4匹の主要なキャラクターの中で、個人的にはがあお君が一番気に入りました。
    子どもの頃はやった遊び歌の「6月6日に雨ザーザー降ってきて……」のあの歌で描けるアヒルのコックさんとイメージがなんか、似てません?
    これからお読みになる方は、ちょっとがあお君に注目してみてください。

    投稿日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • プレゼントするのっていいね

    クリスマスはいっぱいプレゼントがもらえる日!
    そう思ってる娘です。
    この本を読んで誰かにプレゼントをあげる楽しみ、
    うれしさが少しは伝わったのかな。
    娘は「来年はおこづかいためて
    みんなにあげるね〜」と言ってます。
    金額でもないんだよ
    あげれることだしあわせなんだよ〜と
    いつかわかるといいなぁと思いながら
    一緒に読みました。

    投稿日:2010/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • プレゼント交換

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    もみの木マンションの住人、うさぎのはなちゃん、きつねのこんくん、
    あひるのがあおくん、りすのりすこちゃんのおはなし。
    クリスマスイブに、買い物に出かけるはなちゃん、があおくん、りすこちゃん。
    こんくんはなにやら作業中ですね。
    クリスマスの商店街の活気が伝わってきてワクワクしますね。
    みんなのお買い物は、クリスマスのプレゼントやパーティー用の品々。
    プレゼントを選ぶ気持ちには共感できます。
    なにより、絵本を選ぶシーンに嬉しくなってしまいました。
    さあ、帰宅後もパーティーの準備という、楽しみが続きます。
    ラストはとても夢があります。
    じっくりとみんなのプレゼントは何か、想像してみたいですね。
    丁寧に描かれたクリスマスの光景は、見所たくさん。
    じっくりと楽しんでほしいです。

    投稿日:2010/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 準備する楽しみ

    図書館から借りてきました。
    とっても素敵。すごーくどきどきわくわくする。
    ・・と思ってあらためて作者のお名前を確認したれば
    たしろちさとさんだった。
    ああ、「おんがくかいのよる」のたしろさんだ!
    おんがくかいのよるにもどきどきしたけれど、やっぱり。
    どきどきわくわくな空気が伝わってくるのです。
    絵本を読んでいると。
    準備するのって楽しいんですよね。
    本番より準備の方が好きかもしれない、私(笑)。
    お友達同士のお洋服や持ち物などもそれぞれでかわいらしいし
    クリスマスムード満点なお店の様子も素敵。
    お友達のことを考えて用意するプレゼントもいいなあ。
    それに、みんなが住んでいるあのマンション!
    森のはずれの木のおうちにいつか住めたら素敵だなあと
    思っていたのですが、もみのきでできているマンションだったら
    一軒家でなくってもいいです!(笑)。
    たしろさんの絵本、まだ読んでいないものもチェックしなければ!

    投稿日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者さんもクリスマスが大好きなんだって

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    レビューを読んで ちょっと立ち読みをして
    今年のクリスマス絵本に決定!そして購入しました。
    娘たちが気に入る要素がたくさんなんです。

    @クリスマス
    Aもみのきマンション
    B商店街
    C書店
    Dチョコレートケーキ
    Eプレゼント交換
    Fサンタさん
    ばっちりでした。お店の隅々まで眺めて
    サンタさんからのプレゼントが何なのか
    一生懸命考えていました。

    おかげさまでクリスマスを楽しむことができました。

    投稿日:2010/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスの風景

    今夜は、クリスマスパーティー☆
    そのパーティーの準備にみんなでお買い物に行きます。

    途中、森をいく人々は、それぞれ荷物を抱えてて、
    どこのうちもクリスマスパーティーが開かれるんだろうな
    って、想像できます。

    商店街は、きらびやかなイルミネーション。
    道を行きかうたくさんの人たち。
    聖歌隊まで登場して、クリスマスムードも最高潮☆

    主人公たちのそれぞれを想って選んだクリスマスプレゼントは、
    本当に素敵☆

    サンタさんを待ちながら、眠る主人公達は全員、それぞれから
    貰ったプレゼントと手紙を持ってベットに入ってて、
    友達を大切に想う気持ちがすごく伝わりました。

    クリスマスと友情。すごく素敵でキラキラしたお話です。

    投稿日:2010/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話はもちろん、イラストも良いです。

    3歳になったばかりの娘に、クリスマスプレゼントとして購入したこの本。
    仲良し動物達がクリスマスパーティに向けてお買い物に行きます。
    プレゼントを買ったり、ツリーの飾りを買ったり、
    とても楽しそうです。
    所々に相手を思いやる描写も入っていて(一緒に買い物に行けなかった
    お友達のことを思ったり、プレゼントをあげる相手のことを考えたり・・・)、とても心が温まりました。
    この絵本は、内容も楽しいんですが、
    イラストがとても素敵だと思います。
    クリスマスに沸く町並み、お買い物の動物達、
    クリスマスパーティーの様子、
    どれもこれも、とても丁寧に書き込まれていて、
    色使いも綺麗です。
    他にも何冊か買ったんですが、娘はこの本が一番気に入ったみたいで、
    クリスマスが終わってからも、何度も『読んで〜』と
    持ってきました。
    大人が読んでも、優しい気持ちになれる素敵な一冊だと思います。

    投稿日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス気分♪

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    お友達3人でクリスマスのお買い物に行くお話。
    町がクリスマスで盛り上がっていて、読んでいてクリスマス気分^^
    遠近感のある絵なので自分もその場にいて、お買い物をしているような気持ちになります。

    色々なお店に色々な物が並び、素敵な町です。
    こんな町があるなら行ってみたいです。

    クリスマスの意味や由来も書いてあり、クリスマスのワクワクがより一層強くなりました。

    投稿日:2009/12/29

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『だれのパンツ?』シゲリカツヒコさん インタビュー!

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット