新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

ブルンディバール自信を持っておすすめしたい みんなの声

ブルンディバール 絵:モーリス・センダック
訳:さくま ゆみこ
再話:トニー・クシュナー
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784198628567
評価スコア 4.46
評価ランキング 9,674
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今は楽しいお芝居のような絵本として

    予備知識なく、ただセンダックの絵に惹かれて読みました。お芝居を見ているような感覚でテンポよくストーリーが進むので、子どもたちも大興奮。躍動感のある挿絵をまじまじとみたり、セリフをマネしたりと夢中になっていました。
    読後、ナチスの強制収容所で子どもたちが演じたオペラが題材となっていると知り、作者の重いメッセージを感じてドキッとしました。それを知ってから読み直すと、また深く考えさせられます。
    子どもたちはまだ物語の背景は理解せず、ただ楽しいお芝居のような絵本ということでお気に入りです。でも今はそれでいいかなと思います。本棚に置いておけば、成長の過程でいつかまた自然と理解してくれる日が来ると思うので。

    投稿日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 踊っているよう♪

    オペラ「ブルンディバール」を、知らない私ですが、

    挿絵が、踊っているような躍動感がいいなあと思いました。

    横へ流れていくように描かれているのも、文字が普通に描かれて

    いるのと、黄色の枠に中の文字と分かれているのも効果があって

    面白いと思いました。歌い文句のように、詩のように踊りながら

    進んでいく構成が素晴らしいと思いました。

    投稿日:2019/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブルンディバールって誰でしょう?

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    表紙の絵にひかれて図書館から借りてきました。

    6歳の娘と読んだのですが
    なんかずーっとどっかで見たことあるあるあるとひっかかっていて
    やっとなにか分かった!

    モーリス・センダックさんの絵だ!

    なんともいえない、古めかしい感じだけどかわいらしい感じ、
    ザ・外国絵本って感じの絵がとっても懐かしい!
    そして、ブルンディバールってなんだろうと思ったら、
    意外にも子供の敵・変なおじさん?のお名前。

    最後は見事にハッピーエンドですが、
    「お母さんが病気で」という出だしから、
    こんな展開になるとは!

    そして最後はもちろん病気のお母さんの元に戻るので、
    起承転結はしっかりしてますが、
    ううう、なんだか続編がありそうな感じだゾ???

    このブルンディバール、そんなに感動する絵本ではないのですが、
    何かとっても惹きつけるがあります。
    続編が出たらぜひ読んでみたい一冊です。

    投稿日:2017/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナチスドイツで 多くのユダヤ人が強制収容され 殺されました
    そんな強制収容所で子どもたちが上映したオペラ「ブルンディバール」悪を倒した子どもたちの勝利
    病気のお母さんに ミルクを飲ませるために 兄妹は町へ行きました
    そこで出会った ブルンディバールは悪者  でもめげてはいません

    オペラの劇ですから すごくおもしろい 絵本になっています
    てまわしオルガン♪ 「ちいさいこどもはにくたらしい・・・・・♪ ・・・・・」ブルンディバールの歌です
    それでも 兄妹はお母さんを助けるために お金を稼ぎミルクを求めるのです
    町の子どもたち302人みんなが力を貸してくれるのも 嬉しいですね

    悪いブルンディバールをやっつけ  お母さんにミルクを届けられるか?
    それはこの絵本でお楽しみ下さい!

    悪 なかなか手強いですね 
    オペラで見たら 素晴らしいのでは

    投稿日:2017/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • まず、ブルンディバールとは何ぞやと思いながら

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    話を読み進めましたが、大道芸人という事でいいんでしょうか。お母さんの為にミルクを買うお金を何とかして工面しようと奔走する兄弟。最初のページと最後のページのお母さんの風貌にだいぶ変化がありました。元気になったんですね!

    投稿日:2017/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • センダックさんの想い

     ナチスの強制収容所で、子どもたちが演じたオペラがもとになっているお話です。
     デフォルメされた人物、登場人物の多さ、セリフ仕立て、にぎやかな場面、などオペラの雰囲気がでているなと思いました。

     最後のページ、ブルンディバールの言葉にむなしさを感じました。
     センダックさんの想いが伝わってくる、どっしりした絵本でした。

    投稿日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもと読む時期を考えようと思います

    この本を生まれた背景を思うと心がヒリヒリと痛むというのか、鮮やかな色調で描かれてはいても、子どもと読んでいいのか、どのぐらいまでの歴史を教えればいいのかと正直考えました。

    何気ない日常に、恐怖や怒りをひそませてあるというのがセンダックの絵本の一つの特徴であるとすると、この本はセンダックの描きたいものの集大成と言えるかもしれないと思います。

    読めば読むほどセンダックの本は私にとって難しく感じられます。

    諧謔味があっても、笑って読み過ごすことはできないし、何度か一人で読み返してみて子どもと読む時期を考えようと思います。

    投稿日:2010/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット