100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット 100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット
作: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
絵本「100にんのサンタクロース」とクレパスのスペシャルセット!

こぶとりたろう」 ママの声

こぶとりたろう 作:たかどの ほうこ
絵:杉浦 範茂
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784494007486
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,277
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かっこ悪いor一つ欲しい?

    • きらきら虫さん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子16歳、男の子13歳

    6月に3年生で読みました。
    例年、夏休み後の読み聞かせで「課題図書読んだ?」と聞くと、結構読んでないんですよね。
    感想文うんぬんは別として、面白い本が多いのになあ、もったいないと思っていまして、あえて夏休み前にフライング。
    気に入って、読んでくれてたらいいなあ・・・。

    こぶとりじいさんを下敷きにしていて、でもこぶができる理由も、こぶがあると頭が良くなるというのも最高に面白い!
    何といっても、鬼の親たちがこぶの効果を知って、自分の子にもと欲を出すのが秀逸。
    深読みはしないでおきましょう。

    子どもたちは「かっこ悪いからいらない」とか「算数のこぶ」「国語のこぶ」とかいろいろ声があがりました。

    投稿日:2010/11/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • こぶあってもいいのに

    たかどのほうこさんのお話は、どれも楽しくて大好き。そのたかどのほうこさんが昔話の『こぶとりじいさん』を現代風にアレンジした絵本と知って、ぜひ読みたいと思いました。
    やっぱり、面白いですね。大人も楽しめます。私なんて、記憶力抜群になれるなら、こぶあってもいいのに・・・なんて思ってしまいました。
    挿絵も、はじめは好みじゃない絵だと思っていたのですが、読み進めていくと、好きになっていくから不思議です。

    投稿日:2016/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「やわらかくなあれ。」

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    「こんなに悪い点をとるのは、あたまがかたいせいだよ。
     うんとやわらかくしなくちゃ。」
    「やわらかくなあれ、やわらかくなあれ、ちちんぷいぷいのぐりっ。」
    と、おかあさんに説教をされるたろう。

    う〜ん・・・私なら、もっと頭ごなしに怒っているだろうな〜。
    こうやって、子どものやる気を引き出すんですね。

    予想通り、たろうは、さすがにまずいと思ったらしく、
    一心に勉強します。(エライ!)

    すると、たろうの頭に、国語のこぶ、算数のこぶ、社会と理科のこぶが!

    なんか、すごい発想にびっくりです。
    勉強して、頭にこぶが出来るなんてありえない!と思いました。
    でも、それって頭が良くなるってことでしょ。
    こぶがあっても、かしこくなれりゃいいと思うんだけどな〜。

    こぶが出来てかっこ悪いと泣き出すたろう。
    そこで、しっかりものの妹のちょん子が大活躍。
    こぶを、オニにとってもらおうということに。

    そう、このお話は、昔話『こぶじいさま』がベースになっています。
    (知らない方は、先に読むことをおすすめします。
     ちなみに、本文中の文章表現は、松居直・再話/赤羽末吉・画/福音館書店刊にもとづいたものだそうです。)

    草木も眠る、うしみつどき。
    ふたりが、オニに会いに行くこともさることながら、
    オニたちといっしょに、踊るたろうをみて、
    「ありえな〜い!」と思いました。
    ぜったい、勇気も度胸もいりますよ。

    オニにこぶをとってもらったたろうは・・・
    やっぱり、私としては、「あたまのやわらかい子」がいいです。

    その後、オニがとったこぶはどうなったかというと・・・
    かしこいオニの子が出来たそうですよ。

    久々の大ヒット作で、娘の大笑いと「拍手」をもらいました。

    投稿日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 柔らか頭の太郎

    昔の3.4年の課題図書だったのですね。

    たかどのほうこさんは好きですが、挿絵が好みでなかったので読むかどうか迷ったのですが、読み終わってみたらこのお話にはこの挿絵が合っているなと思いなおしました。

    こぶとりじいさんのお話をベースに、全然違う楽しいお話が展開されていて、九九は2年生、部首や、昆虫等の知識は3〜4年生で習うので中学年以上が読んで楽しいと思います。

    絵本にしてはちょっと長く15分くらいかかるのですが、我が子に一度は読んでやりたい絵本だと思いました。

    投稿日:2019/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頭がやわらかいなあ

    頭がやわらかいなあって思いました。
    誰が?って、作者のたかどのほうこさんです。
    もしかしたら、たかどのさんの頭にもたろうみたいな
    こぶがいくつもくっついているのではないかしら?
    たろうが「こぶをなくすため」に「おぼえたことを
    わすれようとする」のですが「それはふくしゅうすること
    になってかえってぎゃくこうか」みたいなところも
    うんうん、そうだそうだ・・と思いました。
    忘れたいことって忘れられないんですよね。
    かえってくっきりしてしまう。
    こぶとりじいさんからインスパイアされたのでしょうけれど
    もう立派なたかどのさんの「こぶ」なんだなあ。

    投稿日:2017/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四つのこぶ

    この絵本は、国語のこぶ、理科のこぶ、社会のこぶ、算数のこぶの四つのこぶが頭に出来てしまった、たろうくんのお話です。小学校に入る前の子供には社会や理科って?ですが、こぶとりじいさんの話しも出てくるので、充分に楽しめる絵本です。

    投稿日:2015/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 究極な選択です

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    かっこ悪いコブはあるけど
    相当賢くなるか?
    コブはないけど賢くないか?

    どちらがいいか迷うなぁって思っちゃいました
    「こぶとりじいさん」を思い出し鬼に取ってもらうなんて
    面白すぎる展開に感動しました

    居残りのお兄ちゃんに先生が
    「柔らかくなあれ・・」と危うくおまじないをしようとしたときの
    妹の対応にクスクス笑ってしまいました

    投稿日:2011/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高学年読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    高学年対象の読み聞かせに持参しました。

    節分に近い日の読み聞かせだったので、
    鬼が出てくる本を探していて…図書館で出会いました。
    大ファンのたかどのほうこさん、さっそくページをめくると…
    やっぱりおもしろ〜い!!!全部おもしろいけど、
    中でも私は、ちょん子の「『いくがいくが』くらいは来たから
    もうちょっとだよ」というセリフに吹き出しました。

    もうこれしかない!きっとみんな楽しんでくれる!と
    自信満々で持って行ったのですが…この日は集まりが悪く…
    五年生が4人…(泣)
    しかも呼び込みに時間を割いてしまったので
    (20分間の中間休みに読み聞かせをしています)
    13分くらいはかかるこのお話、
    途中で終わってしまうやろうなぁ…と思いつつ読み始め…
    やっぱり途中で…鬼が出てくるところで
    チャイムが鳴ってしまいました。
    そこからはページをめくりつつ、
    あらすじを簡単に説明して終わりました。

    楽しく聞いていてくれていただけに…
    最後まで読めなくて、本当に残念です。
    私も消化不良だなぁ…(泣)

    投稿日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強は、ちょっと・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    子どもの頃だったら、なんとなく
    うわ〜っと喜んだかな?

    頭がかたい、やわらかい・・・
    ちょっと、私のイメージとは違うかな

    勉強との関連というのが
    ちょっと、どうかな・・・

    オニの世界もそうなのかな・・・と
    ちょっぴりせつなく感じました

    投稿日:2010/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼のほうの後日談で笑いのトドメを...

     愉快愉快!
     さすが、“たかどのワールド”です。
     『つんつくせんせいかめにのる』も日本の昔話とリンクするストーリーでしたが、こちらも『こぶとりじいさん』がベースになっています。

     中学年の課題図書になっているように、なかなか読み応えのある小学生の身近な問題に直結したお話でした。

     おかあさんのおまじないを笑っていましたが、すごいことになっちゃいましたね。
     「過ぎたるは、...。」っていうことでしょうか?
     
     それにしても「鬼のいる木の生えてる山奥までいこう」と、夜家を抜け出すたろうとちょん子ちゃんが「どのくらい、いけばいいんだろう.....。」と話しているページに笑ってしまいました。
     鬼の前でのたろうくんの努力が、笑えるほど涙ぐましいんです。
     二人の作戦通り、たろうの問題が解決するのですが、鬼のほうの後日談で笑いのトドメをさされてしまいました。

     息子は、笑いながら「硬かろうが柔らかかろうが、あるがままが一番。そうそうなにより元気が一番!」とこちらをチラッと見て、もの言いたげにアピールしていました。

    投稿日:2010/07/12

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット