へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

オキクルミのぼうけん」 ママの声

オキクルミのぼうけん 作:萱野茂
絵:斎藤 博之
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784338010153
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,870
みんなの声 総数 3
「オキクルミのぼうけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オキクルミ、とっても好男子です!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    小5になった息子が小1のときに国語の授業で習ったオキクルミのお話。
    アイヌってなに?がようやく少し分かるようになった今、
    再度息子と、そして5歳の娘と読みました。

    オキクルミは神さま。
    らしいのですが、全然神さまっぽくない、えらぶったところのない、
    むしろ自ら進んで困難に立ち向かう姿がとってもステキです。

    そんなオキクルミはアイヌの地で、
    人々のために一生懸命頑張ります。

    せっかくそこまで頑張ってくれたのに、
    妹まで来てアイヌの地に尽くしてくれたのに、
    人間の出来心とは積み深いものですね。

    アイヌってなに?
    と聞いてきた息子。
    そろそろ一緒にアイヌについて勉強をしようと思っていますが、
    その前にこのオキクルミのお話を一緒に読めてとってもよかったです。

    投稿日:2017/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • オキクルミがアイヌの地に来るための試練の物語。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    アイヌ神話の絵本。
    作者の萱野さんはご自身が母語としてアイヌ語と日本をの両方で育ったそうで、アイヌ文化の伝承者・研究家のお一人だそうです。

    アイヌ建国時のヒーロー『オキクルミ(アイヌラック)』がアイヌの地に来るためにいろいろな試練を超えたり、その後のアイヌ建国のあれこれ描いた冒険物語です。

    斎藤博之さんの骨太なイラストを見ると、オキクルミは男の中の男というイメージがとても強いです。
    果敢で前向きで、それでいて人間くさいところがあるというか、神さまに分類されているけれど、感情の起伏が結構あって、人間臭いところも見受けられます。(半分人間の血が混じっているとも言われているせいでしょうか)

    こんなにまでしてオキクルミはアイヌの地に来たかったんですね〜。
    なかなか興味深い面白い物語ですが、建国の話はやや難しく感じる子もいると思うので、子どもたちに薦めるのなら小学校高学年以上がいいと思います。

    投稿日:2011/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット