話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

岩波少年文庫 ふたりのロッテ(改訳)」 ママの声

岩波少年文庫 ふたりのロッテ(改訳) 作:エーリヒ・ケストナー
訳:池田 香代子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\660+税
発行日:2006年06月16日
ISBN:9784001141382
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,961
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもが誇りを持って生きられる

    ふたごちゃんの、どきどきわくわくするような物語です。
    読んでいると、子どもだった頃のことを思い出します。
    私はふたごではないけれど、それでも、やっぱりふたりのロッテと
    おんなじように、たくらみや秘密や冒険が大好きだったもの。
    子どもは、できることも限られていて、世界が小さい分、
    大人よりも些細なことが冒険になりますよね。

    子どもを尊敬していて、きちんと接しているケストナーの本、
    娘にもぜひとも読んでもらいたいなあって思います。この先。
    普段から子どもを大人の感情や都合で押さえつけようとしている
    ママがいかにだめだめかってことがバレてしまいそうで怖くも
    ありますが(笑)。

    投稿日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読み直してみてびっくり

    自分も小さい頃に読んだことがある記憶があります。
    でも、その時は、ちいさい双子の女の子が、大人たちをぎゃふんと言わせる冒険のお話を楽しんだという感覚です。
    大人になって読み直してみて、両親の離婚をテーマにしていたことの知りびっくり。
    大人の事情も知ってから読むと、また味わいが違って。
    子供のエネルギーには、本当にすごい力があります。
    娘たちも子供のうちに、読んで欲しいなと思いました。

    投稿日:2021/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単行本もあります。

    ある程度、結婚や離婚がわかるような年齢の小学校中学年〜高学年向けの児童書です。
    単行本もありますが、こちら文庫本と翻訳者が違います。
    小学生が読むなら、単行本の方がわかりやすいかしら!?
    ケルトナーの作品、子供のうちに読んでおきたいですね。

    投稿日:2020/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふたご

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    互いの存在を知らずに別々に暮らしていた双子が出会い入れ替わるなんて大胆な行動に出るなーと思いました。
    離婚も再婚も必ずしも悪いことではなくケースバイケースですよね。
    この2人がもう少し出会うのが遅かったらお父さんは別の人と再婚していただろうし。
    このタイミングで出会ったのは運命だったのかな。

    投稿日:2014/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が読んでも癒されます

    ルイーゼとロッテは、離婚したある夫婦の双子。でも、お互いにそれを知らずに偶然出会って、姉妹と気づきます。入れ替わりをしてみたのですが、ロッテが病気になり、写真と双子がきっかけで家族四人を引き合わせることに。

    ハッピーエンドが好きなので、癒される、ほのぼのした、良い終わり方でしたが、実際には、子供のために離婚しないままだと親が不幸になるし、子供のために一緒になろうって一応愛が多少は残っていたわけだからいいのですが安易で、普通はもう一度再婚してもまた離婚しそうです。子供向けなのでまあ良いかなとは思いますが、、、、正直、大人としては微妙です。

    この版は文庫版になっていて、大人が読むならこっちの版が良いと思います。

    投稿日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット