宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

しろくまちゃんのほっとけーき」 みんなの声

しろくまちゃんのほっとけーき 作:わかやま けん
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1972年10月
ISBN:9784772100311
評価スコア 4.75
評価ランキング 672
みんなの声 総数 768
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

768件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • しろくまちゃんは ホットケーキを作ります
      
    お母さんに教えてもらって 取りかかります
    フライパン ボール 道具をそろえて   材料は?

    たまご あら 落っことしちゃった (ここは子どもに共感できるところかな)
    牛乳と小麦粉 お砂糖   しろくまちゃんは頑張ってるよ!

    フライパンの連写が なかなか リアルで いいですね〜

    ぽたん どろどろ ぴちぴち ぷつぷつ・・・・
    擬音語が おもしろくて 順番に楽しめるんです

    わあ! 美味しそうなホットケーキが焼けました

    そして お友達のの こぐまちゃんと一緒に なかよく食べ  お片付けまで してるのです

    見事ですね この絵本は  子どもを引き込んでくれます

    若山けんさんは子ども心を うまいこと とらえていますね〜

    投稿日:2018/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • しろくまちゃんシリーズ最初の1冊でした。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    この絵本でしろくまちゃんが大好きになりました。あつあつフライパンの上で、出来上がるホットケーキを待つ我が子。(笑)毎回早く食べたそうにします。この本をきっかけにしろくまちゃんシリーズのお世話になっております。

    投稿日:2018/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 0歳の息子が、フライパンの上でほっとけーきが焼けていく様子が描かれているページを読むと必ず笑います。ぽたぁん、どろどろ…という音が面白かったのかな?同じような絵が並んでるのが面白かったのかな?

    保育園の先生に話したところ、色彩がハッキリしているから赤ちゃんが良い反応をする、と言われました。

    息子がもう少し大きくなったら、ぽたぁん、どろどろと言いながら、一緒にほっとけーきを作ってみたいです。

    投稿日:2018/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • つくる、たべる、おいしさの共感

    出産前に、いくつか王道絵本を買っておこうと用意したうちの1冊です。
    私自身は幼少期、こぐまちゃんシリーズは全く読んでおらず、うさこちゃん(ミッフィー)で育ったのですが、わかやまけんさんも非常に素敵です。
    ミッフィーと比較されやすい絵柄かと思いますが、ミッフィーよりかなりシュール?というか前衛的?でそのアンバランスさが私は結構気に入りました。

    0歳から読み始め、最初は文章が多すぎるのかあまり集中できませんでしたが、1歳過ぎたあたりからよく好んで読むようになりました。
    そして2歳になっておままごと遊びに夢中な最近、絵本をめくりながら、たまごを割る真似や、フライパンでホットケーキをひっくり返そうとする真似、お皿に盛りつけて人形と一緒に食べたり、以前とは違った楽しみ方をしています。長く楽しんでくれて嬉しいかぎりです。

    こぐまちゃんシリーズは絵の可愛らしさはもちろんですが、文が読みやすいというか、私の体質に合ってるのか、読んでる方も気持ち良いんですよね。好きな歌を口ずさむような気持ち。
    読むのが何故か苦痛になる文章ってあるんですよね…不思議です。

    投稿日:2018/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • お誕生日カード目的で、こぐま社の絵本をいろいろ調べて、この絵本を購入しました。

    選んだ理由は、いろいろなランキングで上位にくる、0歳児でも楽しめそう、絵かわいい、そして料理に興味をもってくれるかもとの期待で選びました。

    実際、子供に読んでみると・・・

    ほとんど毎回、ボールをまぜるシーンで、手をのばしてバンバン叩いてきます。ほぼ毎回なのに驚きます。
    また、ホットケーキを焼くページでは超笑顔になります。毎回です!

    まだホットケーキを食べれる年齢ではありませんが、食べられるようになったときが楽しみです。
    目の前で焼いたり、実際お手伝いしてくれる日がいつかくるんだなと想像するだけで、その日が待ち遠しくなる、読み手側にもそんな気持ちにさせてくれる絵本です。

    ごちそうしたり、お片づけしたりするシーンが自然に入っているのがさらにいいですね。
    お料理は、準備からお片付けまでがひとセット!
    でもそれをちゃんとお話にしている絵本もなかなかないのでは?

    購入して、とてもよかったです。

    投稿日:2018/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ☆こどもたちもホットケーキづくり☆

    • k7さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子2歳

    幼稚園が午前保育の時はランチを準備しなくてはいけないのですが、この際お遊びもかねて自分たちでホットケーキを作らせることにしました☆

    数日前から、あの大好きな”しろくまちゃんのホットケーキ”を読み聞かせして、レシピを頭に入れてもらって、いざ本番!!周りに粉をいっぱいこぼしながらも、二人の息子たちは「自分でやる!」「僕がやる!」と、一生懸命ホットケーキ作りに挑んでくれました。

    このように、大きくなってから、大人になってから、ちょっとおなかすいたなあ⇒なんか家にあるもので作ってみよう。という少し面倒でもささっと何かを作ってしまえる男の人になってくれたステキだなと思いながら読み聞かせします!

    投稿日:2018/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出の一冊

    20年以上前、我が子たちが小さいとき、本当に何回も何回も読んだ、思い出の一冊です。

    もうボロボロになって、今でも置いてあります。
    粉とか、油のしみもついています。

    覚えてないけど、絵本を広げて、ホッとケーキを作ったこともあったのかな…

    投稿日:2017/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘のために初めて買った絵本のひとつです。
    まだ反応も薄い新生児にどんな絵本を読み聞かせれば良いのか分からなかった当時、ビビッドかつレトロな「しろくまちゃん」の絵と「ホットケーキ」という題材に目を奪われて思わず選びました。

    ストーリーはその名の通りしろくまちゃんがお母さんと一緒にホットケーキを焼いて食べるというもので、ホットケーキはおろか「食べる」という行為すら知らない新生児には正直ちんぷんかんぷんでしょうが、リズミカルな文章に私の声が思わず弾んでしまっていたのか5ヶ月頃から楽しげな反応を示すようになりました。

    なかでも、「ひとつふたつみっつ たまごぽとん われちゃった」のくだりは親子三人のお気に入りで、娘の前で卵を扱うときに口ずさむことが癖になってしまいました。

    鮮やかな色遣いも魅力で、娘は6ヶ月頃より黄色いページに強い興味を示すようになり、なぜかそのページばかりを曲げたがって困りましたが、これもある種の良い刺激なのかなとも思っています。

    本物のホットケーキが大好きになった今では、ホットケーキを焼く過程の絵をひとつひとつ指差して楽しんでいます。

    もっと大きくなったらこの絵本がきっかけで親子でホットケーキを焼く日が来るのかな…なんて楽しみにしています。長く楽しめるといいなと思っています。

    投稿日:2017/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもと、はじめての料理

    • ゆうパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    長年読み継がれているものには、やっぱりその理由、魅力があるんですよね。

    ホットケーキを作ることが、丁寧に描かれていて、これを読んだ後、実際に作りました。
    とはいえ、小麦粉からではなく、ホットケーキミックスを使いましたが。

    でも、ホットケーキミックスに書いてあった作り方ほ、しろくまちゃんのホットケーキと同じ手順だったので、親子で絵本と読み比べながら楽しく作れました。
    こういう、シンプルな絵本、良いですね。

    投稿日:2017/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良い香り

    パパのお気に入りで、こどもに買った本で、娘もお気に入りの絵本です。
    「ぽたあん、 どろどろ、 ぴちぴちぴち、 …はい、できあがり! 」
    までのページが、特に大好きなようで、指差しながらよく開いています。
    おやつにホットケーキ作るよ、と私が言うと、喜んでこの絵本を持ってきてくれます。

    投稿日:2017/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

768件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おでかけのまえに / おまたせクッキー

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • トントン紙ずもう
    トントン紙ずもう
    作・絵:COCHAE(コチャエ) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★帰省みやげ・室内遊びに★        力士を作って遊べる紙ずもう。年末年始、家族と盛り上がろう!


『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット